[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【パンパシ水泳】大橋悠依「絶対、辞めてやる」 公務員になっていたはずの“1年目の夏”に掴んだ金

競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第1日は9日、女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が4分33秒77で日本勢女子1号となる金メダルを獲得。清水咲子(ミキハウス)が4分36秒27で銅メダルを獲得し、日本勢がダブル表彰台となった。悲願の国際大会金メダルを獲得した大橋にとって、社会人1年目の夏は“公務員になっているはずの夏”でもあった。

女子400メートル個人メドレーで悲願の国際大会金メダルを獲得した大橋悠依【写真:Getty Images】
女子400メートル個人メドレーで悲願の国際大会金メダルを獲得した大橋悠依【写真:Getty Images】

昨夏にブレイクしたシンデレラ「もう大学で水泳は終わりと思っていました」

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第1日は9日、女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が4分33秒77で日本勢女子1号となる金メダルを獲得。清水咲子(ミキハウス)が4分36秒27で銅メダルを獲得し、日本勢がダブル表彰台となった。悲願の国際大会金メダルを獲得した大橋にとって、社会人1年目の夏は“公務員になっているはずの夏”でもあった。

 もう終わっていたはずの競技人生で躍動した。大橋を変えたのは、昨夏の世界水泳だった。200メートル個人メドレーで自己ベストを2秒以上も短縮する2分7秒91の日本新記録を叩き出し、銀メダルを獲得。一気にシンデレラガールとして騒がれた。「その1年くらい前はもちろん、代表に入って活躍したいと夢見ていたのはあるけど、実際にできるとは思っていなかった」と振り返る。

 高校時代は無名の存在。名将・平井伯昌コーチ率いる東洋大に進んだが、貧血に悩まされるなど、大学2年まで結果を残せずにいた。1つ上の萩野公介(現ブリヂストン)はリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得。大橋は大学の同級生はおろか下級生に先を越され、次々と代表に入っていった。それが、一気に才能が花開き、東京五輪のメダル候補として期待を集める存在となった。

「結構、ずるいタイプ」「要領はいい方と思う」と笑って自己分析する。平井コーチが別の選手に送るアドバイスを耳にすれば、自分に置き換えて吸収する。4月の日本選手権でも見せたように予選、準決と力を温存しながら決勝で爆発力を発揮するコントロールも巧みだ。それは選手としての大事な才能でもある。地道な努力を重ね、大学4年生にして日本を代表するまでに成長した。

 3月に東洋大を卒業。イトマン東進の所属選手として競技を続けているが、かつての大橋からすると全くあり得ない世界だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集