[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【パンパシ水泳】大橋悠依が女子金メダル1号 「これだけのすごい応援を味わえて幸せ」と破顔一笑

【パンパシ水泳】大橋悠依が女子金メダル1号 「これだけのすごい応援を味わえて幸せ」と破顔一笑

水泳の第13回パンパシフィック選手権は9日、米国やオーストラリア、カナダなどの強豪をはじめ、19の国と地域が参加して東京辰巳国際水泳場で競泳が開幕。女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が、4分33秒77で初優勝を飾った。

女子400メートル個人メドレーで初優勝を飾った大橋悠依【写真:Getty Images】
女子400メートル個人メドレーで初優勝を飾った大橋悠依【写真:Getty Images】

女子400m個人メドレー、大橋が金、清水が銅

 水泳の第13回パンパシフィック選手権は9日、米国やオーストラリア、カナダなどの強豪をはじめ、19の国と地域が参加して東京辰巳国際水泳場で競泳が開幕。男女7種目の決勝などが行われ、女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が、4分33秒77で初優勝を飾った。大橋は昨夏の世界選手権(ブタペスト)女子200メートル個人メドレーで、2分07秒91の日本新で銀メダルを獲得している。清水咲子(ミキハウス)が4分36秒27で3位に入った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 大橋は前日の公式会見で「アジア大会(8月18-9月2日・ジャカルタ)も含め、しっかりメダルを取って勝ち癖をつけていきたい」と話していたが、まさに有言実行の堂々たるレースぶりだった。

「本当はもっといいタイムで優勝したかったけど、金(メダル)を取れてひとまずほっとしている。勝つことはいいこと」。表彰式では何度も両手を上げて誇らしげにガッツポーズをつくり、「これだけのすごい応援を味わえて幸せです」と破顔一笑だった。

 日本での開催は2002年の横浜大会以来16年ぶり6度目。今回は個人成績を得点化した国別対抗戦を初めて実施する。

(河野 正 / Tadashi Kawano)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー