[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田優利がドレッサー賞&スマイル賞の2冠 “女王”原英莉花&西村優菜不在で存在感

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。大会恒例のベストドレッサー賞(お仕立券20万円分:HANABISHI提供)とベストスマイル賞(20万円:明光商会提供)は、それぞれ吉田優利が初受賞。ベストルーキー賞(20万円:三陽提供)には5位に入った櫻井心那が選ばれた。

RKB×三井松島レディスでベストドレッサー賞とベストスマイル賞を受賞した吉田優利【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディスでベストドレッサー賞とベストスマイル賞を受賞した吉田優利【写真:Getty Images】

RKB×三井松島レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。大会恒例のベストドレッサー賞(お仕立券20万円分:HANABISHI提供)とベストスマイル賞(20万円:明光商会提供)は、それぞれ吉田優利が初受賞。ベストルーキー賞(20万円:三陽提供)には5位に入った櫻井心那が選ばれた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 吉田は通算1アンダーの28位だった。優勝は11アンダーで並んだ岩井明愛、山下美夢有とのプレーオフを2ホール目で制した岩井千怜。また、最終日15番で計測するドライビングディスタンス賞(50万円:明治安田生命)には、266ヤードの宮澤美咲が輝いた。

 ギャラリーのウェブ投票で同賞が決定。2013年大会から始まり、19年までイ・ボミ(延田グループ)がベストスマイル賞を6連覇、ベストドレッサー賞を5連覇していた。昨年は原英莉花がベストドレッサー賞、西村優菜がベストスマイル賞をそれぞれ2連覇。ベストルーキー賞には小倉彩愛が選ばれていた。今年は原が初日のスタート前に腰痛で欠場。西村は米ツアーに挑戦中で“女王”は不在だった。

 投票結果は以下の通り。

【ベストドレッサー賞】
1位 吉田優利(361票)
2位 小祝さくら(163票)
3位 脇元華(154票)

◇歴代受賞者
2013年木戸愛
2014年木戸愛
2015年イ・ボミ
2016年イ・ボミ
2017年イ・ボミ
2018年イ・ボミ
2019年イ・ボミ
2021年原英莉花
2022年原英莉花

【ベストスマイル賞】
1位 吉田優利(502票)
2位 岩井千怜(290票)
3位 小祝さくら(282票)

◇歴代受賞者
2013年横峯さくら
2014年イ・ボミ
2015年イ・ボミ
2016年イ・ボミ
2017年イ・ボミ
2018年イ・ボミ
2019年イ・ボミ
2021年西村優菜
2022年西村優菜

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集