[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフPOで姉妹の“直ドラ合戦”に興奮の声 「生涯の名シーン」「華があるな」と話題に

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(Honda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜がこれを制して優勝した。PO2ホール目では、パー5の2打目で姉妹揃って“直ドラ”を選択。果敢な挑戦に、ネット上では「姉妹の直ドラ痺れる」「何という姉妹だ」「魅せるなぁ」と興奮の声が上がっている。

RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】

RKB×三井松島レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(Honda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜がこれを制して優勝した。PO2ホール目では、パー5の2打目で姉妹揃って“直ドラ”を選択。果敢な挑戦に、ネット上では「姉妹の直ドラ痺れる」「何という姉妹だ」「魅せるなぁ」と興奮の声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 18番パー5で行われたPOの2ホール目だった。3人ともフェアウェーに乗せて迎えた2打目。最初に打った山下がアイアンで刻んできたのに対し、明愛はドライバーを握った。正規の18番でも挑んだ“直ドラ”をここでも選択。豪快なスイングからのボールはグリーン手前のラフまで届いた。すると、ほぼ同じ位置にティーショットを運んでいた千怜もドライバーで勝負。こちらも2オンはならなかったが、グリーン寸前まで運んだ。

 2人の果敢な挑戦にツイッター上のファンは興奮。「岩井姉妹かっこよー」「岩井姉妹の直ドラ痺れるね」「岩井姉妹の攻め方最高」「岩井姉妹プレーオフで直ドラかよ」「すげーな。岩井姉妹推したくなる」「魅せるなぁ…華があるわ」「2打目ツインズで直ドラで攻めるシーンとか、生涯の名シーンになりそう」「何という姉妹だ」「セカンド二人とも直ドラで2オン狙いとかエンターテイナーすぎる」などとコメントが書き込まれていた。

 明愛は4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝。男女を通じて史上初めて双子でレギュラーツアーVを達成した。今回千怜が優勝したことで「同一年度に姉妹選手がともに優勝」という史上初の快挙も成し遂げた。今大会では初日に明愛が7アンダーで首位、千怜が6アンダーで2位となり、双子で初日1、2位発進したことでも話題に。2日目には史上初となる最終組の姉妹同組が実現していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集