[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岩井千怜、双子PO勝利に「こんなこと起きていいのか」 姉・明愛と直ドラ合戦「楽しませたいと」

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜が2ホール目でこれを制し、ツアー通算3勝目を挙げた。この優勝で、史上初となる「同一年度に姉妹選手がともに優勝」の快挙も達成。優勝会見では「本当に現実なのかなって思えた」「いまだに信じられない自分がいる」と夢見心地で喜びを語った。

RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】

RKB×三井松島レディス最終日、史上初の「同一年・姉妹V」も達成

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜が2ホール目でこれを制し、ツアー通算3勝目を挙げた。この優勝で、史上初となる「同一年度に姉妹選手がともに優勝」の快挙も達成。優勝会見では「本当に現実なのかなって思えた」「いまだに信じられない自分がいる」と夢見心地で喜びを語った。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 史上初の双子姉妹が出場するプレーオフは18番パー5で行われた。1ホール目、山下が入れれば優勝のバーディーチャンスを迎えるも外し、3選手ともにパーで2ホール目に突入。岩井姉妹はティーショットが同じような位置につき、まずは姉・明愛が正規の18番と同じく「直ドラ」を選択。距離を稼ぐと、妹・千怜も同様にドライバーで打った。いずれも2オンはならなかったが、グリーン手前に着弾した。

 明愛、千怜も3打目のアプローチで見事にピンに寄せる。その後に迎えた山下のバーディーバットは絶妙だったが、カップに嫌われて惜しくもパーとなった。続く明愛はバーディーパットを外し、千怜がバーディーパットを沈めたことで優勝した。姉妹と山下はグリーン上でハグ。健闘を称え合った。

 明愛は4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝。男女を通じて史上初めて双子でレギュラーツアーVを達成した。今回千怜が優勝したことで「同一年度に姉妹選手がともに優勝」という史上初の快挙も成し遂げた。今大会では初日に明愛が7アンダーで首位、千怜が6アンダーで2位となり、双子で初日1、2位発進したことでも話題に。2日目には史上初となる最終組の姉妹同組が実現していた。

 優勝会見に臨んだ千怜の主な一問一答は以下の通り。

――心境は。

「信じられないなって気持ちが一番大きい。今週は2日目に明愛と回って、加えてプレーオフも一緒にできるのは、こんなに凄いことが起きていていいのかなって思うくらい、今までにない気持ちでいっぱい。勝てたのも信じられない。(明愛には)『おめでとう』と言われました」

――優勝の瞬間はガッツポーズの前に「フーっ」と息を吐いた。

「『やっとだ』っていうのと、緊張がほどけたのと、嬉しいのが出てきた。プレーオフに持ってくるまでの今日の7アンダーのプレーが全力。そこからプレーオフでよく耐えたなって」

――POで先に明愛が直ドラ。その次に直ドラで続いた。

「最初はスプーンで打とうと思ったけど、明愛がドライバーで打ったのでいけるかなって。ここまで来たらファンの皆さんを楽しませたいと思ってドライバーでいきました。(直ドラは)試合では初めてです。練習でも打ってなかったので、なんであんなにうまくいったんですかね(笑)。明愛がやるのは良く見るけど、私はいつもスプーンで十分という感じ。ライも悪くなかったです。

 届くとは思わず、よくて傾斜で止まると。もし届かなくても最悪な事態にはならないかなと。フェアウェーで止まっても3打目で勝負すればいいと思っていた。失敗する予感がしなかった。キャディーさんも『いいじゃない?』って。やっぱりファンを楽しませたい。楽しみしかない一打でした。明愛がスプーンだったら、私もスプーンだったかもしれない。いや、やっぱりドライバーだったかな(笑)。見ていて面白いゴルフをしたかった」

――実際にPOで戦った明愛の印象は。

「ティーショットも、セカンドもめちゃくちゃ振っていて『これはアドレナリンが出ているな』って。いつもの明愛らしいゴルフをやっている印象でした。プレーオフの最中も、その前も会話はなかったですね。(過去に)プレーオフが一緒にできたら最高だねっていう話は何度かしたことがあります。

 今日はその場を凄く楽しんでいて、たくさんのギャラリーに囲まれて夢にしていた明愛とのプレーオフが叶った。本当に現実なのかなって思えたし、でもその状況を凄く楽しんでいる自分もいた。いまだに信じられない自分がいる」

――姉妹でドライバーで競った思い出とかは。

「いや~、ないですね。今日がそれですね。(直ドラは)ここまで来たら楽しまなきゃ損だなって思いました」

――今季優勝争いをして届かなかった。

「あともう一歩で敗れてきた。本当にほしい1勝目がこのような形で本当にうれしいです」

――今日は母の日。

「終わった後に知ってそうだったって(笑)。母の日に優勝できて嬉しかったです。最高のプレゼントになったかなと。母の日の思い出は……普段何かを買ってプレゼントとかしていなかったので、今日がそうなってよかったと思います。欲しいものがあれば買ってあげたい」

――母は元看護師。自身にとってどんな存在か。

「母がいてくれると気持ちが明るくなったり、いつも試合で疲れている時に来てくれたりすると凄くリラックスできる。雰囲気も和らぐ感じがします。仕事で忙しいのに帰ってきてご飯を作って、洗濯をして、学校の書類とかいろいろある中でいつも元気にしていた。本当に逞しいと思います」

――昨日からどんな心境で迎えたか。

「いつもと変わらず来ました。昨日は入らない日。毎日入ることはない。昨日みたいな日もあれば、今日みたいな日もある。それを受けとめて今日は今日でやっていました」

――POまでの時間はどんなことを考えて待機したか。

「アプローチの練習をしていた。最後に(18番グリーン手前の)傾斜で止まるかなと思って。あとはここまで来たら緊張するけど、楽しもうと思っていました。私が1打リードで上がっていて、(青木)瀬令奈さん、明愛も、山下美夢有さんも、みんなバーディーを獲ると思っていたので、プレーオフになるなと。頭を整理して練習して、あとは楽しむぞっていう気持ち。落ち着いて待っていました」

――今後へ。

「4勝目を目指して頑張りたいです」

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集