[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、次戦は「日本史上最大の興行」 20億円の村田&ゴロフキン戦以上になる理由

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が6日、都内で会見し、5月7日に神奈川・横浜アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦することを正式発表した。プロモートに携わる帝拳ジムの本田明彦会長は「日本では史上最大のイベントになるでしょう」と期待を寄せた。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信。戦績は29歳の井上が24勝(21KO)、28歳のフルトンが21勝(8KO)。

会見に出席した井上尚弥【写真:高橋学】
会見に出席した井上尚弥【写真:高橋学】

井上尚弥VSフルトンが実現、スーパーバンタム級転向初戦

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が6日、都内で会見し、5月7日に神奈川・横浜アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦することを正式発表した。プロモートに携わる帝拳ジムの本田明彦会長は「日本では史上最大のイベントになるでしょう」と期待を寄せた。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信。戦績は29歳の井上が24勝(21KO)、28歳のフルトンが21勝(8KO)。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 いつも以上に力がみなぎっていた。井上にとって体の大きな相手への挑戦。かなりの強敵となる。「フルトン選手との試合を日本でできることは、どれだけの方々にご尽力いただき、どれだけ凄いことか。ようやく正式発表できてホッとしています」。安堵と喜びの想いを交錯させた。

 プロモートに携わる本田会長は、会見後に取材対応。カネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を引き合いに、ビッグマッチが実現した背景を明かした。

「カネロと井上選手は同じレベル。どの選手も指名試合などがあり、ずっと待ってくれる団体はいません。それだけのスーパースターということです。海外の評判が凄い」

 ボクシング界にはWBA、WBC、IBF、WBOの主要4団体が存在。4団体統一王者は井上を含め、世界に9人しかいない。真の実力が問われるのは当然だが、統一戦の実現すら難しい背景がある。世界王者が楽な相手との対戦を選び続けることを避けるため、各団体が期日を決めて上位ランカーとの「指名試合」を義務付けるからだ。

 しかし、カネロなど世界的スーパースターの場合、例外的に指名試合よりも統一戦やその他のビッグマッチが認められるケースがある。井上もそのクラスまで来ているという。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集