[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、次戦は「日本史上最大の興行」 20億円の村田&ゴロフキン戦以上になる理由

本田会長「海外でこれだけ話題になるのは珍しいです」

 昨年4月のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と村田諒太(帝拳)のWBAスーパー&IBF世界ミドル級王座統一戦は、20億円を超える日本史上最大規模の興行だった。世界的に人気の高い中量級、重量級なら米国以外での開催でも注目度が高い。軽量級では興行規模が小さくなりがちだが、井上の“名前”が認められた証しとなった。本田会長は続ける。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

「今回の井上選手の試合は(ゴロフキン―村田戦の)ファイトマネーは超えませんが、内容、興味、期待など全ての要素を入れれば、日本では史上最大のイベントになるでしょう。(過去の日本人選手の試合は)米国人が見てくれません。でも、今回は米国人の世界王者。井上選手は米国人が認めている選手です。試合は世界で配信されます。海外でこれだけ話題になるのは珍しいです」

 井上は強すぎるあまり、過去に対戦を拒否されるケースが少なくなかった。しかし、今回のフルトンは「断る理由がない」と王者として挑戦を受け入れ。2月24日に元王者のブランドン・フィゲロア(米国)と再戦する方向だったが、井上戦に舵を切った。世界的な視聴数では、日本人最大規模になるようだ。

「NTTドコモ Presents WBC・WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ スティーブン・フルトン VS 井上尚弥 -streaming on Lemino-」と題された会見。井上は「結果で返したい」と期待に応えることを強調した。2か月後、世界のモンスターが暴れまわる。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集