[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心戦へ、日本ランカー・与那覇勇気が挑発「俺の時代が来る」「俺は甘くない」

ボクシングに転向した那須川天心(帝拳)が13日、4月8日に東京・有明アリーナでのスーパーバンタム級ノンタイトル6回戦で、日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正)と対戦することが都内の会見で発表された。試合はAmazon プライム・ビデオで生配信。WBAスーパー&WBC世界ライトフライ級統一王者・寺地拳四朗(BMB)の3団体王座統一戦などを含む大型興行でボクシングデビューを飾る。相手の与那覇も強きの発言を繰り返した。

那須川天心戦へ意気込みを語る与那覇勇気【写真:高橋学】
那須川天心戦へ意気込みを語る与那覇勇気【写真:高橋学】

Amazon プライム・ビデオで生配信

 ボクシングに転向した那須川天心(帝拳)が13日、4月8日に東京・有明アリーナでのスーパーバンタム級ノンタイトル6回戦で、日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正)と対戦することが都内の会見で発表された。試合はAmazon プライム・ビデオで生配信。WBAスーパー&WBC世界ライトフライ級統一王者・寺地拳四朗(BMB)の3団体王座統一戦などを含む大型興行でボクシングデビューを飾る。相手の与那覇も強きの発言を繰り返した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 那須川はキックボクシング界の“神童”と呼ばれ、格闘技戦績は47戦全勝。9日に日本ボクシングコミッション(JBC)のB級プロテスト(6回戦以下)に合格した。相手の与那覇は12勝(8KO)4敗1分けの32歳。攻撃型で破壊力のあるパンチを売りにしている。

 会見には多くの報道陣が殺到し、ライトアップされた中で一人ひとり登壇した。与那覇の質疑応答は以下の通り。

――心境は。

「この試合を決めていただいた関係者の方々、本当にありがとうございました。自分は普段からビッグマウス。俺の時代が来るとか、俺は世間知らずだけど世間がそのうち俺を知ると言っている。今からボクシングを始める人、沖縄の人に勇気を与える試合をしたい」

――オファーを受けた時は。

「もちろんめちゃくちゃ興奮しました。これが武者震いかというくらい興奮しました。試合開催にあたっていろんな方々が動いてくれて感謝の気持ちがあります。那須川天心選手は格闘技、キックで無敗。凄い実績があるけど、やはり一般的な目でボクシングは甘くないという声もある。自分はそう思わない。ボクシングは甘くないのではなく、俺は甘くない。空ぶっても会場がどよめく、当たったら倒れるパンチ。そこに挑戦してくれる。その挑戦に敬意を込めて全力で倒しに行きたい」

――試合のポイント

「那須川選手の動きはキック時代から凄いスピード。とんでもない動きをするのはわかっている。自分もボクシングでは特殊。野性的で当たれば一発で終わる。客観的に見ても凄い試合になると思う。いろんな魅力が詰まった試合になると思う」

――那須川の印象に残っている試合。

「一番はTHE MATCH。凄い綺麗なカウンター。ボクシング的にも芸術的だった」

【4月8日の試合カード】※試合順は未定

◇スーパーバンタム級6回戦
那須川天心(帝拳)
VS
日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正)

◇世界ライトフライ級3団体王座統一戦12回戦
WBAスーパー&WBC王者・寺地拳四朗(BMB)
VS
WBO王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)

◇WBA世界バンタム級王座決定戦12回戦
同級2位の拓真(大橋)
VS
同3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)

◇IBF世界フェザー級挑戦者決定戦12回戦
同級2位キコ・マルチネス(スペイン)
VS
同級3位・阿部麗也(KG大和)

◇WBOアジアパシフィックウェルター級タイトルマッチ12回戦
王者・佐々木尽(八王子中屋)
VS
挑戦者・小原佳太(三迫)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集