[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心「かますぞ」 ボクシングデビュー戦へ殴り込み宣言「生き様を見せる」【会見一問一答】

ボクシングに転向した那須川天心(帝拳)が13日、4月8日に東京・有明アリーナでのスーパーバンタム級ノンタイトル6回戦で、日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正)と対戦することが都内の会見で発表された。試合はAmazon プライム・ビデオで生配信。WBAスーパー&WBC世界ライトフライ級統一王者・寺地拳四朗(BMB)の3団体王座統一戦などを含む大型興行でボクシングデビューを飾る。

「Prime Video presents Live Boxing」の会見に出席した那須川天心【写真:高橋学】
「Prime Video presents Live Boxing」の会見に出席した那須川天心【写真:高橋学】

Amazon プライム・ビデオで生配信

 ボクシングに転向した那須川天心(帝拳)が13日、4月8日に東京・有明アリーナでのスーパーバンタム級ノンタイトル6回戦で、日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正)と対戦することが都内の会見で発表された。試合はAmazon プライム・ビデオで生配信。WBAスーパー&WBC世界ライトフライ級統一王者・寺地拳四朗(BMB)の3団体王座統一戦などを含む大型興行でボクシングデビューを飾る。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 那須川はキックボクシング界の“神童”と呼ばれ、格闘技戦績は47戦全勝。9日に日本ボクシングコミッション(JBC)のB級プロテスト(6回戦以下)に合格した。相手の与那覇は12勝(8KO)4敗1分けの32歳。攻撃型で破壊力のあるパンチを売りにしている。

 会見には多くの報道陣が殺到し、ライトアップされた中で一人ひとり登壇。那須川はグレーのスーツにシャツを出した装い。髪も金から銀に染め、両手を広げて派手にポーズを取った。豪華な会場で華々しく意気込みを語った。

 那須川の質疑応答は以下の通り。

――プロテストからの注目度について。

「やっぱりニュースにも放送されたし、全局で放送していただいて凄く嬉しい。また前回の6月から試合をしていない。那須川天心が帰ってきたと思われている。キックの時は一回もニュースで放送されなかったので、そこの悔しさがあった。那須川天心第2章としていいスタートを切れた。やるべきことはわかっている」

――ボクシングを選んだ意味。

「僕の人生、本当に挑戦しかない。ずっとチャンピオンでいるのも好きではない。そういう人生をやりたくない。新しいことに挑戦したい。ボクシングは昔から見ていたし、格闘技は好きですし、そういうところに飛び込んで、どこまでできるか。自分の体で体現したい」

――相手の印象。

「非常にアグレッシブ。お客さんを沸かせる選手だと思う」

――ボクシングで証明したいこと。

「僕の中では無敗とかは関係ない。勝ち負けは格闘技で付きものですが、それ以上に自分をどこまで表現できるか。見ている人にどれだけ生き様を見せるかが大切。その姿を見せたい。みんなが見ていて納得するのはベルト。そこを目指してチャンピオンベルトを巻きたい。格闘技は5歳からやっているけど、その時の気持ちを思い出す。ワクワクとか、やってやるとか、かますぞという気持ち」

――井上尚弥と同じ階級。

「階級的にはキックでずっとやっていた階級なので、そこで対戦してそこから自分の適性を見つけたい。井上選手に関しては、僕はまだ新人なのでこれからじゃないかなと思います」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集