[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界水泳まで150日 日本代表が小学生47人に届けた熱意「“好き”が何より大切です」

7月14日に開幕する世界水泳福岡大会の150日前イベントが11日、東京・辰巳国際水泳場で行われた。競泳の五輪3大会連続メダリスト・松田丈志氏、東京五輪代表の塩浦慎理(イトマン東進)、元日本代表の石橋千彰氏が参加。ゲスト講師として2時間、小学生47人と交流し、熱意を持って水泳の魅力を伝えた。

7月14日に開幕する世界水泳福岡大会の150日前イベントが11日、東京・辰巳国際水泳場で行われた
7月14日に開幕する世界水泳福岡大会の150日前イベントが11日、東京・辰巳国際水泳場で行われた

世界水泳福岡大会の150日前イベント

 7月14日に開幕する世界水泳福岡大会の150日前イベントが11日、東京・辰巳国際水泳場で行われた。競泳の五輪3大会連続メダリスト・松田丈志氏、東京五輪代表の塩浦慎理(イトマン東進)、元日本代表の石橋千彰氏が参加。ゲスト講師として2時間、小学生47人と交流し、熱意を持って水泳の魅力を伝えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 世界水泳が福岡で開催されるのは2001年以来。この日は「EVERYONE MEETS THE FUTURE in 東京」と題し、開幕150日前とチケット販売開始を記念してイベントが行われ、トップアスリートと全国から一般応募で集まった子どもたちが交流した。

 松田氏は世界水泳で3つのメダルを獲得。50メートル自由形の日本記録を持つ塩浦もこれまで4大会連続出場を果たした。トークセッションの最初のテーマは「世界水泳の思い出」。松田氏は01年大会についてこう語った。

「日本の水泳界を振り返ってみても、最もインパクトのある大会だったと思う」「僕は当時高校生で、代表には選ばれず、出場することはできなかったが、実際に会場に行って試合を観た。“この舞台で泳ぎたい”と強く思い、競技に打ち込むようになった」

 塩浦も4×100メートルメドレーで銅メダルを獲得した2013年バルセロナ大会を回顧。「初めての世界水泳で、憧れの北島康介さんと同じチームで出場できたことが大きな思い出」と明かした。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集