[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

四大陸Vで明かした新事実に海外衝撃 チェン超え17歳三浦佳生が「新伝説を投下した」

フィギュアスケートの四大陸選手権が11日(日本時間12日)、米コロラド州コロラドスプリングズで男子フリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が自己ベスト189.68点、合計281.53点で初優勝した。2017年大会を制したネイサン・チェン(米国)を1か月上回る17歳8か月の大会最年少V。衣装を忘れた新事実に対し、海外ファンは「新たな伝説が投下された」と衝撃を受けた。

四大陸選手権、自己ベストで初優勝を飾った三浦佳生【写真:Getty Images】
四大陸選手権、自己ベストで初優勝を飾った三浦佳生【写真:Getty Images】

三浦佳生の衣装に注目

 フィギュアスケートの四大陸選手権が11日(日本時間12日)、米コロラド州コロラドスプリングズで男子フリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が自己ベスト189.68点、合計281.53点で初優勝した。2017年大会を制したネイサン・チェン(米国)を1か月上回る17歳8か月の大会最年少V。衣装を忘れた新事実に対し、海外ファンは「新たな伝説が投下された」と衝撃を受けた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 まさかのハプニングだった。三浦は白いシャツの上にベストを着用。煌びやかな柄がデザインされ、演技には欠かせない“商売道具”の一つだ。下は黒いズボンをはき、大舞台で演じ切った。

 勝負のフリー前になんと衣装を忘れていたという。五輪公式などに寄稿するスポーツ記者のニック・マッカーベル氏がツイッターで、「ミウラ・カオは、実は今日衣装を忘れていたことを会見で明かした。競技前に取り戻すために助けが必要だった」と紹介。新事実に対し、海外ファンから衝撃を受けた様子のコメントが相次いだ。

「カオ…頼むよ」
「新たなカオ伝説が投下された」
「彼はとても私に似ている、私もこれをしちゃう」
「前もこれやってなかったっけ? 泣いちゃう」
「私のカオスな息子よ」
「カオがする最もカオらしいこと……」
「カオがまたカオしてる」
「助けて」

 事なきを得て臨み、北京五輪王者の年少記録を更新。3月には世界ジュニア選手権(カルガリー)が行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集