[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米バスケで“カリー級”と絶賛の富永啓生 また22得点で米称賛「射撃の名手トミナガ」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1のネブラスカ大に所属する22歳の富永啓生(3年)は11日(日本時間12日)、ウィスコンシン大戦に先発出場。両チーム最多の22得点を決める活躍で73-63の勝利に貢献した。逆転劇の原動力となった躍動に米記者も「現在リーグで最恐のゲームチェンジャーかもしれない」と舌を巻いた。

ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

東京五輪にも出場、富永啓生がNCAA1部で3試合連続20得点超え

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1のネブラスカ大に所属する22歳の富永啓生(3年)は11日(日本時間12日)、ウィスコンシン大戦に先発出場。両チーム最多の22得点を決める活躍で73-63の勝利に貢献した。逆転劇の原動力となった躍動に米記者も「現在リーグで最恐のゲームチェンジャーかもしれない」と舌を巻いた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 富永の勢いが止まらない。後半、一時17点リードを許したが、身長188センチの日本人ガードは約5分間で3ポイントシュートを4本成功。一気に逆転した。61-61の同点で延長に突入し、10点差の勝利に貢献。直近2試合を自己最多30得点、24得点と量産し、この日も22得点を挙げた。

 ウィスコンシン州の地元紙「ラクロス・トリビューン」は「ウィスコンシン大男子バスケットボールの大量リードがいかにして壊滅的な敗戦に変わったか」と題する分析記事を掲載。「17点リードがいかにして5分以内に敗戦への道を辿ったか? 簡単な答えは、ネブラスカ大の射撃の名手ケイセイ・トミナガをホットにさせてしまったことだ」と指摘した。

 ネブラスカ大が所属するビッグ10カンファレンスでは、富永の存在感は増しているようだ。米カレッジスポーツ専門メディア「On3」のブライアン・ヌーベール記者は、ツイッターで「ビッグ10で優勝争いをしているチームからすれば、ケイセイ・トミナガは残りシーズンで最も対戦したくない選手に違いない。現在リーグで最恐のゲームチェンジャーかもしれない」と高く評価した。

 富永は愛知・桜丘高3年時のウインターカップで得点王に輝くと、卒業後はNJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジへ。2021-22年シーズンからネブラスカ大へ編入した。2年目の今季はここまで26試合に出場し、1試合平均12得点を記録。21年東京五輪では、3人制バスケットボール・3×3に出場した。

 今月5日(同6日)ペンシルベニア州立大戦で30得点を記録した際には、米記者が「ステフィン・カリーは今やNBAのケイセイ・トミナガとして知られている」と称賛。“カリー級”として話題を集めていた22歳が活躍を続けている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集