[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本と米国は「1年経ってもメダル貰えてない」 ワリエワ騒動で平昌金メダリストが訴え

昨年行われた北京五輪から1年。フィギュアスケートではROC代表で出場したカミラ・ワリエワ(ロシア)のドーピング問題が波紋を呼んだ。団体戦で優雅に演技し、金メダル獲得に貢献したかに思われたが、その後に問題が発覚。メダル授与式が行われていない状態だ。ワリエワは当時をSNSで回顧しているが、米国の平昌五輪金メダリストは「IOCとWADAが何をやってるのか分かるように、プレスリリースが欲しい」とSNSに抗議を記している。

北京五輪でのカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
北京五輪でのカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

北京五輪から1年

 昨年行われた北京五輪から1年。フィギュアスケートではROC代表で出場したカミラ・ワリエワ(ロシア)のドーピング問題が波紋を呼んだ。団体戦で優雅に演技し、金メダル獲得に貢献したかに思われたが、その後に問題が発覚。メダル授与式が行われていない状態だ。ワリエワは当時をSNSで回顧しているが、米国の平昌五輪金メダリストは「IOCとWADAが何をやってるのか分かるように、プレスリリースが欲しい」とSNSに抗議を記している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ワリエワは8日、自身のインスタグラムに「北京五輪団体戦で優勝してから1年!」などと記し、歓喜するROCメンバーとの写真などを公開。さらには団体戦SPで90.18と衝撃の得点を叩き出した実際の演技映像も公開している。

 これに反応したのは、平昌五輪のフィギュアスケート団体戦で金メダル、ペアで銅メダルを獲得したメーガン・デュハメル(カナダ)。ツイッターでワリエワの投稿を伝えたファンブログの投稿を引用し「米国と日本のスケーターたちが五輪の(団体戦)メダルを貰えなかった日から1年。1年経っても、いまだに貰えていない! IOCとWADAが何をやってるのか分かるように、プレスリリースが欲しい」と訴えた。

 ワリエワを巡っては2021年12月のロシア選手権で採取された検体から禁止薬物が検出され、北京五輪の成績は暫定扱いに。調査を行ったロシア反ドーピング機関(RUSADA)が「選手自身の過失はない」と認定したことを、1月に世界反ドーピング機関(WADA)が公表した。問題が決着しておらず、団体戦で暫定2位の米国、同3位の日本にもメダルがまだ届けられていない。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集