[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の標的王者フルトン、「恐れはない」と完全アウェーでも自信「戦い方知っている」

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級統一王者スティーブン・フルトン(米国)は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)のスーパーバンタム級転向初戦の相手として米メディアで報じられている。米専門誌「ザ・リング」はフルトンの独占インタビューを掲載。同誌が予測する日本での戦いが完全アウェーになることについても「恐れはない」と自信をのぞかせた。

スティーブン・フルトン【写真:Getty Images】
スティーブン・フルトン【写真:Getty Images】

トレーナーはソウル五輪の“疑惑の判定”連想も…「心配ない」

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級統一王者スティーブン・フルトン(米国)は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)のスーパーバンタム級転向初戦の相手として米メディアで報じられている。米専門誌「ザ・リング」はフルトンの独占インタビューを掲載。同誌が予測する日本での戦いが完全アウェーになることについても「恐れはない」と自信をのぞかせた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 同誌は「スティーブン・フルトンとそのトレーナーが、ナオヤ・イノウエを日本で倒すことがアメリカで尊敬を得るための鍵だと話す」と題した記事を公開。2021年1月の時点で当時は階級が違った井上との対戦を熱望し、「それがスーパースターになるための道だ」とトレーナーに漏らしていたことを明らかにした。

 もしも対戦が実現し、日本開催となれば完全アウェーは必至。同誌は「彼(フルトン)自身とその陣営、そして少数の友人を除けば、誰も彼が日本に行って勝つことができるとは思っていない」と圧倒的に井上に分があるとの見方を紹介した。しかし、フルトンは「いいだろう。そのほうが好きだ」とアンダードッグ扱いも気にしていないという。

「日本に行ってイノウエと戦わないと」と2年前にフルトンが口にしたとき、トレーナーのワヒド・ラヒーム氏は懸念を抱いた。1988年ソウル五輪で“疑惑の判定”に泣いたロイ・ジョーンズ・ジュニア(米国)のことが即座に脳裏によぎったと明かす。

 しかし、フルトンは「日本に行ってズルされることに何の恐れもない」と断言。「戦い方を知っていれば、ジャッジやその他のあれこれについて心配する必要はない。俺は戦い方を知っている」と胸を張った。

 ラヒーム氏も「彼は信じられないぐらい自信を持っている。自信は能力をもたらす。しかもスティーブンはそれだけでなく頭も非常に良い。公平に扱われようがそうでなかろうが我々は気にしない」と呼応。動じない戦いができると自信を見せた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集