[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

物議の世界戦から1か月 ボクサー重岡銀次朗、4.16再戦へ始動「SNSでみんな怒ってた」

ボクシングのIBF世界ミニマム級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が2日、都内の所属ジムで練習を再開した。1月6日に同級王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)へ世界初挑戦したが、3回に偶然のバッティングで王者が負傷。試合続行不可能となり、無念の無効試合に終わっていた。4月16日に東京・代々木第二体育館で計画される直接の再戦(ダイレクトリマッチ)に向けて再出発する。

都内の所属ジムで練習を再開したこの日、シャドーする重岡銀次朗【写真:浜田洋平】
都内の所属ジムで練習を再開したこの日、シャドーする重岡銀次朗【写真:浜田洋平】

重岡銀次朗が練習再開

 ボクシングのIBF世界ミニマム級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が2日、都内の所属ジムで練習を再開した。1月6日に同級王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)へ世界初挑戦したが、3回に偶然のバッティングで王者が負傷。試合続行不可能となり、無念の無効試合に終わっていた。4月16日に東京・代々木第二体育館で計画される直接の再戦(ダイレクトリマッチ)に向けて再出発する。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 重岡はシャドーなど軽めの練習を披露。会見では無念の想いを滲ませながら試合を振り返りつつ、気持ちを切り替えたことを強調した。

「1か月が経ちますが、毎日思い出します。最初はイラついて、徐々に悔しさが出てきた。もっとこうできたな、と。もっと自分にできることがあった。気持ちは切り替えています。SNSや直接会った人はみんな怒っていた。逆に『そんなに俺のために怒ってくれてありがとう』という気持ちで楽になりました。次の試合でどうすべきか。3ラウンドだったので仕方ないですが、もう少し中で戦いたかった。次はもう少しバチバチと中で殴り合えたら」

 試合は重岡が主導権を握る展開だったが、3回に偶然のバッティングで中断。王者は顔をしかめながら痛みをアピールした。ドクターチェックの末に試合続行不可能と判断され、無念の重岡と王者がともに涙。ルール上では4回終了までいけば、重岡の負傷判定勝ちだったが、3回だったため決着がつかず。重岡は王者が実力差を知った後、故意に負傷を狙う作戦に出たことを疑うなど物議を呼んでいた。

 王者は試合後に目まいと耳が聞こえないことを主張していた。ボクシングイベント「3150FIGHT Vol4」として興行をプロデュースした元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏は、この日の会見に出席。陣営の渡辺均会長と話し合い、試合を統括した日本ボクシングコミッション(JBC)にダメージの原因となった重岡のパンチと証拠写真、再戦の要望書を提出したことを明かした。

「重岡選手の右フックが相手の左耳に当たっていました。その5秒後くらいにバッティングです。目まいと耳が聞こえないのは鼓膜が破れた時の症状。検証してほしいということをJBCに出して、JBCからIBFにも再戦の要望書と一緒に提出してもらいました。近いうちにIBFから何らかの回答がJBCに届くと思います。相手陣営と話をしていますし、あとはIBFが認めるかどうか。世界戦が実現するでしょう。前回以上の舞台を用意したい」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集