[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア全米選手権で15歳が圧巻の演技 GPファイナル2位レヴィトが73.78点で首位発進

フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳のイザボー・レヴィトが73.78点で首位発進。初優勝に前進した。

全米選手権女子SPで首位発進となったイザボー・レヴィト【写真:ロイター】
全米選手権女子SPで首位発進となったイザボー・レヴィト【写真:ロイター】

フィギュア全米選手権女子SP

 フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳のイザボー・レヴィトが73.78点で首位発進。初優勝に前進した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 レヴィトは冒頭の3回転フリップ、2回転アクセルを着氷。後半の3回転ルッツ―3回転トウループも含め、3つのジャンプをミスなくまとめ、圧巻の演技を披露した。昨年は全米選手権3位。年齢制限により北京五輪の選考には加われなかったが、今季はグランプリ(GP)シリーズ2大会ともに2位。GPファイナルも三原舞依に次ぐ2位に入った。まだ伸びしろを感じさせる15歳だけに、フリーも期待が高まる。

 怪我から復帰したブレイディ・テネルが73.76点で2位、スター・アンドリュースが3位で続いた。27歳のグレイシー・ゴールドも67.44点で5位と表彰台を狙える位置につけた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集