[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のフルトン撃破を悲観する理由 米トレーナー指摘「それは無理な注文だ」

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が、スーパーバンタム級転向初戦としてWBC&WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(米国)と戦うことが米メディアに報じられた。米国のトレーナーは新階級での活躍について「それは無理な注文だ」と指摘している。

前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥の階級転向に米トレーナーが言及

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が、スーパーバンタム級転向初戦としてWBC&WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(米国)と戦うことが米メディアに報じられた。米国のトレーナーは新階級での活躍について「それは無理な注文だ」と指摘している。

 井上について語ったのは、「ブレッドマン」の異名で知られる米国のトレーナー、スティーブン・エドワーズ氏だった。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が記事を掲載。「ブレッドマンのQ&A企画:イノウエ対フルトン、ヘイニー対ロマ、スペンス対クロフォードなど」と各ビッグマッチについて意見を述べている。

 インタビュアーは「ナオヤ・イノウエが122ポンド(スーパーバンタム級)に移りましたが、新しい階級でどう活躍するのか気になります」と投げかけ。エドワーズ氏はこう語っている。

「なんとも言えないね……。イノウエは108ポンド(ライトフライ級)から始まって、初戦の相手になるだろうフルトンは122ポンドから始まっている。フルトンは体重の割に大きいので、それを考えると無理な注文だと思う。フルトンに比べて堂々とした体格ではないドネアより、イノウエは小さく見えるんだ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集