[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥にしかできない会見舞台裏ショットに米興奮「日本の皇帝と呼ぼう」「凄い」

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、4つの王座返上とスーパーバンタム級転向を発表した。4本のベルトを掲げて写真撮影。アジア人で“井上にしかできない”ポーズだった。米メディアが画像を公開すると、米ファンから「日本の皇帝と呼ぼう」「凄い」と反響が集まった。

13日の会見に出席した井上尚弥【写真:(C)PXB】
13日の会見に出席した井上尚弥【写真:(C)PXB】

井上尚弥が笑った会見舞台裏とは

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、4つの王座返上とスーパーバンタム級転向を発表した。4本のベルトを掲げて写真撮影。アジア人で“井上にしかできない”ポーズだった。米メディアが画像を公開すると、米ファンから「日本の皇帝と呼ぼう」「凄い」と反響が集まった。

 カメラマンの要求に応えたシーンだった。質疑応答を終えた後の写真撮影。井上は4つのベルトを手にしたカットを撮った後、両腕を広げた状態のカットもお願いされた。重いため、「3秒だけですよ!」と笑いながらも真摯に対応。4団体統一王者にしかできない豪快な1枚となった。

 画像を公開した米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムは、文面でスーパーバンタム級転向を紹介。会見の舞台裏で生まれたシーンに対し、米ファンから称賛や興奮した様子の声が相次いだ。

「本物のGOAT(史上最高)」
「日本の皇帝と呼ぼう」
「シンプルに存命する最高のボクサー」
「P4Pで彼はクロフォードより上だ」
「これは正しい変更」
「彼は本当に凄い」

 井上は昨年12月にWBO世界バンタム級王者だったポール・バトラー(英国)に11回KO勝ちでアジア人初、世界9人目の4団体王座統一を達成。4階級制覇を目指し、スーパーバンタム級へ殴り込みをかける。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集