[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワリエワ不問裁定に米国反ドーピング機関CEOが非難 「全選手の権利のために抗議を」

フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)に関するドーピング問題について、米国反ドーピング機関(USADA)のCEOが異論を呈した。昨年2月の北京五輪で問題発覚。調査を行ったロシア反ドーピング機関(RUSADA)が「選手自身の過失はない」と認定したことを、13日に世界反ドーピング機関(WADA)が公表した。これを受け、同CEOは「世界反ドーピング規定に従っていないRUSADAによる都合のいい判定」などと非難した。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ワリエワのドーピング問題

 フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)に関するドーピング問題について、米国反ドーピング機関(USADA)のCEOが異論を呈した。昨年2月の北京五輪で問題発覚。調査を行ったロシア反ドーピング機関(RUSADA)が「選手自身の過失はない」と認定したことを、13日に世界反ドーピング機関(WADA)が公表した。これを受け、同CEOは「世界反ドーピング規定に従っていないRUSADAによる都合のいい判定」などと非難した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米紙「USAトゥデー」はワリエワの“不問”裁定に関する記事を掲載。「米国反ドーピング機関のトラビス・タイガートCEOはRUSADAの決定に対し、金曜朝にテキストメッセージで非難。WADAだけでなくフィギュアスケートを統括する国際連盟(ISU)にも迅速に動くよう促した」と紹介した。

 記事によると、タイガートCEOは「反ドーピングシステムと全アスリートの権利のためにも、WADAとISUは抗議(上訴)しなければならない」と主張。「世界は、国家主導のドーピング不正行為における重要な道具であり、世界反ドーピング規定に従っていないRUSADAによる都合のいい判定を受け入れることはできない」と反発しているという。

 15歳だったワリエワは、2021年12月のロシア選手権で採取された検体から禁止薬物が検出。北京五輪の成績は暫定扱いされた。RUSADAは検体を採取したロシア選手権のみ失格に。資格停止などの処分は科さないことを決定した。今回の発表では、WADAはRUSADAに裁定書の提出を求めている。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集