[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6時間36分戦で「神の左」誕生 咄嗟の“超絶リターン”に騒然「これ以上見た事ない」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。グランドスラム史上2位の長さとなる試合時間6時間36分だった。決着直前の第49ゲームには足がもつれて転倒しながら咄嗟に左手でリターンし、ポイントにつなげるスーパープレーが炸裂。大会公式が「これ以上のリカバリー見たことある?」と動画付きで公開し、「見たことないよ」と海外ファンを騒然とさせている。

ケビン・アンダーソン【写真:Getty Images】
ケビン・アンダーソン【写真:Getty Images】

アンダーソンが転倒も左手リターン炸裂、大会賛辞「これ以上のリカバリー見たことある?」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。グランドスラム史上2位の長さとなる試合時間6時間36分だった。決着直前の第49ゲームには足がもつれて転倒しながら咄嗟に左手でリターンし、ポイントにつなげるスーパープレーが炸裂。大会公式が「これ以上のリカバリー見たことある?」と動画付きで公開し、「見たことないよ」と海外ファンを騒然とさせている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 もう体力は限界だった。それでも、アンダーソンが気力でスーパープレーを演じた。第3セット、24-24で迎えた第49ゲーム。イスナーのサービスの場面だった。

 強烈なサーブをバックハンドでリターンしたアンダーソン。すると、足元がよろけ、その場に尻もちをつくように転倒。一瞬、完全に背中は芝生につき、弾みで握っていたラケットも落としてしまい、場内がどよめいた。これを見逃さず、イスナーもフォアハンドを放とうとしている。絶体絶命のピンチ。そう思った次の瞬間だった。

 アンダーソンはラケットを拾い、一気に立ち上がった。しかし、ラケットを手にしたのは利き手ではない左手だ。ただ、もうボールは目前。握り返す暇はないと、左手一本で反応した。そして、懸命に打ち返すとボールは綺麗に相手コートへ。一気にどよめく会場。展開したラリーからイスナーのショットが外れ、大きな大きなポイントを奪った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集