[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア17歳千葉百音、SP3位の裏で海外識者の“羽生結弦投稿”にネット感動「涙が…」

フィギュアスケートの全日本選手権は22日、大阪・東和薬品RACTABドームで女子ショートプログラム(SP)が行われ、世界女王の坂本花織(シスメックス)が国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、今季世界最高得点となる77.79点をマークし、首位発進。3位には70点を超える好得点で17歳の千葉百音が入った。全日本ジュニア2位の実績を持つ逸材。海外識者はプロスケーター・羽生結弦との過去の交流の様子をSNSに投稿し、日本と海外のファンから「涙が出てくる」といった反響が寄せられている。

全日本選手権女子SPで3位発進を決めた17歳の千葉百音【写真:Getty Images】
全日本選手権女子SPで3位発進を決めた17歳の千葉百音【写真:Getty Images】

全日本フィギュアスケート選手権女子SP

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、大阪・東和薬品RACTABドームで女子ショートプログラム(SP)が行われ、世界女王の坂本花織(シスメックス)が国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、今季世界最高得点となる77.79点をマークし、首位発進。3位には70点を超える好得点で17歳の千葉百音が入った。全日本ジュニア2位の実績を持つ逸材。海外識者はプロスケーター・羽生結弦との過去の交流の様子をSNSに投稿し、日本と海外のファンから「涙が出てくる」といった反響が寄せられている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 大舞台で実力を証明した。3回転ルッツ―トウループの連続ジャンプを決めるなど、ノーミスの演技を見せた千葉。全日本ジュニア2位の実績を引っ提げて臨んだ舞台で持ち味を発揮した。

 欧州放送局「ユーロスポーツ」でアナリストを務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏は自身のツイッターに「仙台出身の17歳チバ・モネ(71.06点)は全日本選手権のショートプログラムで、サカモト・カオリ(77.79点)、ミハラ・マイ(74.70点)に続き3位だった。3位で終えれば埼玉で行われる世界選手権の出場権を獲得する」とつづり、「正確に言うと、世界選手権に出場するには、出場可能な3位のスケーターにとっては十分だと思われる。いずれにせよ、チバ・モネが世界ジュニア選手権にも出場可能なため、日本スケート連盟の決断は興味深いものになるだろう」と続けた。

 注目はアンベーシ氏が一緒に公開した写真。羽生と見つめ合う少女は千葉のようで、羽生のアウターのロゴには「ドリーム・オン・アイス2010」とある。今から12年前の写真と見られる。

 これには日本、海外ファンから「“兄”のユヅはとっても嬉しいだろうね!」「ユヅルを『おにいちゃん』と呼んでた少女が成長したのね」「この写真で涙が出てくるわ」「ユヅは“妹”を誇りに思うだろうね」「彼女が成功することは分かってた」「泣かずにはいられない」といった反響が寄せられている。

 女子のフリープログラムは24日に行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集