[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、年収68億円で3年連続「最も稼いだ女性アスリート」に 広告料だけで約66億円

女子テニスの大坂なおみは、2022年に5110万ドル(約67億7800万円)の収入を得て、全競技を通じて「最も稼いだ女性アスリート」になった。米経済誌「フォーブス」が23日、報じた。内訳は賞金などが110万ドル(約1億4600万円)、広告料などが5000万ドル(約66億2700万円)と大きな格差が生じている。

大坂なおみ【写真:ロイター】
大坂なおみ【写真:ロイター】

米経済誌「フォーブス」が発表

 女子テニスの大坂なおみは、2022年に5110万ドル(約67億7800万円)の収入を得て、全競技を通じて「最も稼いだ女性アスリート」になった。米経済誌「フォーブス」が23日、報じた。内訳は賞金などが110万ドル(約1億4600万円)、広告料などが5000万ドル(約66億2700万円)と大きな格差が生じている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大坂は2020年、それまで1位に君臨していた女子テニスのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を抜いて「最も稼いだ女性アスリート」になってから、2021年、そして2022年と3年連続で1位。その内訳は賞金などの「オンフィールド」が110万ドル(約1億4600万円)、広告料などの「オフフィールド」が5000万ドル(約66億2700万円)と45倍以上の格差が生じている。

 同誌は「オオサカは今年の大半を怪我に悩まされ、11月にFTXが破産を宣言した際に、重要なスポンサーを失った。契約の発表から、たった8か月後のことだった」と苦難に直面したことに言及。しかし「彼女の数々のスポンサーはいまだにスポーツ界屈指の顔ぶれだ。フォーブスの2022年アスリートのリストで彼女のオフフィールド収入5000万ドルを超えたのは6人しかいない。オオサカは起業家としても忙しく、スキンケアブランド、プロダクション会社、タレント事務所を共同設立した。今月までにピックルボールのチームにも出資している」とコート外の活動による収入の多さを指摘している。

 上位10人は以下の通り。

【1位】大坂なおみ(テニス) 5110万ドル(約67億7800万円)
【2位】セリーナ・ウィリアムズ(テニス) 4130万ドル(約54億7500万円)
【3位】アイリーン・グー(スキー) 2010万ドル(約26億6500万円)
【4位】エマ・ラドゥカヌ(テニス) 1870万ドル(約24億7900万円)
【5位】イガ・シフォンテク(テニス) 1490万ドル(約19億7500万円)
【6位】ビーナス・ウィリアムズ(テニス) 1210万ドル(約16億400万円)
【7位】ココ・ガウフ(テニス) 1110万ドル(約14億7100万円)
【8位】シモン・バイルズ(体操) 1000万ドル(約13億2600万円)
【9位】ジェシカ・ペグラ(テニス) 760万ドル(約10億700万円)
【10位】ミンジー・リー(ゴルフ) 730万ドル(約9億6800万円)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集