[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のVAR弾は「錯視」「全て角度で見え方違う」 W杯の名写真特集で米メディアが指摘

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの36年ぶりの優勝で幕を閉じた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は今大会で撮影された名場面を振り返る特集を掲載。そのメインに「三笘の1ミリ」と呼ばれた日本の“VAR弾”が使用され、「錯視」と脚光を浴びせている。

スペイン戦に出場した三笘薫【写真:ロイター】
スペイン戦に出場した三笘薫【写真:ロイター】

米「ジ・アスレチック」が「錯視」と三笘の折り返しに脚光

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの36年ぶりの優勝で幕を閉じた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は今大会で撮影された名場面を振り返る特集を掲載。そのメインに「三笘の1ミリ」と呼ばれた日本の“VAR弾”が使用され、「錯視」と脚光を浴びせている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 大会の名場面の一つだった。グループリーグ第3戦、スペイン戦の後半6分だった。右サイドから堂安律のクロスがファーに流れたが、三笘薫がライン際から折り返し、最後は田中が押し込んだ。三笘の折り返しがゴールラインを割っていたかどうかVAR判定に。接地面がラインを越えていても、ボール自体が空間上のラインにかかっていればインプレーとなるため、ゴールに認定された。

 このVAR判定は海外で大きな論争に。ツイッター上では目の錯覚を説明する手作り動画や画像で溢れ返り、翌日にはFIFA公式が動画付きで「ボールは完全には外に出ていなかった」と見解を示すほど異例の事態になった。

 大会を終え、「ジ・アスレチック」は「2022年W杯を特徴づける写真」と題した特集を掲載。悲願の優勝を飾ったアルゼンチンFWリオネル・メッシがトロフィーを掲げた名場面などを写真で振り返っているが、特集ページのメインに掲載したのが三笘がゴールラインぎりぎりで折り返す瞬間をとらえた1枚。記事内では「錯視」の小見出しとともに、日本のVAR弾をこのように振り返った。

「日本のスペイン戦勝利を救ったアオ・タナカのゴールをアシストしたカオル・ミトマが、ボールを出さなかったかどうかが我々を困惑させた。全ての角度で見え方が違う。これは混乱させ続けるだろう」

 記事では、ほかにも日本とのグループリーグ初戦の写真撮影で口をふさいだドイツ代表のイレブン、男子のW杯で史上初めて笛を吹いた女性審判員ステファニー・フラパールさんの写真などが選出されていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集