[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本に隠された2つの弱点 元スペイン代表監督が分析「時に子供のようなミスをする」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本が決勝トーナメント(T)進出を懸けてスペインと対戦する。グループリーグ(GL)最終戦の大一番へ、元スペイン代表監督の分析記事を掲載。日本に対する警戒ポイントに加え、「時に子どものようなボール出しのミスをする」と弱点を指摘した。

スペイン戦は日本時間2日午前4時キックオフ【写真:ロイター】
スペイン戦は日本時間2日午前4時キックオフ【写真:ロイター】

カタールW杯、日本―スペインは日本時間2日午前4時キックオフ

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本が決勝トーナメント(T)進出を懸けてスペインと対戦する。グループリーグ(GL)最終戦の大一番へ、元スペイン代表監督の分析記事を掲載。日本に対する警戒ポイントに加え、「時に子どものようなボール出しのミスをする」と弱点を指摘した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本は負ければ敗退となる一戦。首位スペインのスポーツ紙「スポルト」は、試合前に元同国代表監督ロベルト・モレノ氏が語った内容を掲載した。「日本代表、嫌なゲスト」というタイトルのコラム。モレノ氏はこう明かしている。

「日本代表には、とても注意深くありたい。ここ数年で恐るべき向上を見せている代表だ。ヨーロッパのビッグリーグに選手を送っている他の代表と同様に。日本は、ヨーロッパでプレーしている選手19人を代表に送り込んでいる」「優秀な選手とともにプレーすることは、自分自身の最もいいところを引き出すことになる。それがここ数年の日本人選手に起きてきたことだ。現在、彼らは個人レベルでも他より上だ」

 個のレベルが上がることで、一緒にプレーする他の選手も成長できることを説明。さらに「私の日本文化から受ける印象は、日本代表に見られるものととても近い」と文化とサッカーの相関性を指摘した。

「規律のある、戦術的に非常に整えられているチームだ。相手をギョッとさせるほどの信頼性で、4-3-3あるいは4-2-3-1の動きを行なう。今回のW杯で、その代表監督ハジメ・モリヤスが介入したのは事実だ」

 一方、弱点に関しては「サムライブルーの選手たちは、優れたプレイヤーで、技術的、フィジカル面でのキャパシティには目を見張るものがあるが、これからやろうとする大抵のことがわかってしまう」と強調。創造性の欠如があるようだ。

 さらにモレノ氏は注目選手を4人を挙げている。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集