[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ポーランド、0-2の試合終盤に“攻撃放棄” 日本人から「4年前を思い起こさせる」の声

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は30日、C組のアルゼンチンがポーランドを2-0で下して2勝1敗の勝ち点6とし、同組1位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。敗れたポーランドは別会場のメキシコ―サウジアラビア戦の状況をにらみつつ、最後は“攻めない”という選択肢をチョイス。くしくも4年前の日本戦と逆の立場になったことで、日本ファンから「4年前を思い出させる」「まさか逆に起こるとは」といった反響が寄せられている。

決勝トーナメント進出を決めて喜ぶポーランド代表【写真:ロイター】
決勝トーナメント進出を決めて喜ぶポーランド代表【写真:ロイター】

カタールW杯・C組

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は30日、C組のアルゼンチンがポーランドを2-0で下して2勝1敗の勝ち点6とし、同組1位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。敗れたポーランドは別会場のメキシコ―サウジアラビア戦の状況をにらみつつ、最後は“攻めない”という選択肢をチョイス。くしくも4年前の日本戦と逆の立場になったことで、日本ファンから「4年前を思い出させる」「まさか逆に起こるとは」といった反響が寄せられている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 何の因果か。アルゼンチンに勝てば文句なしの決勝T進出を決められたポーランドだったが、後半に2失点して窮地に陥った。しかし、そこでチームはさらに守備重視の態勢に。大エースのFWレヴァンドフスキだけを前線に残し、フィールドプレーヤーは自陣に引いた。

 アルゼンチンに2点を決められた時点で、ポーランドは「勝ち点4、得失点差0」。第2戦を終えて勝ち点1だった同組のメキシコがサウジアラビアを2-0でリードしており、このまま終わればメキシコも「勝ち点4、得失点差0」で2チームが並ぶ状況となった。1位は勝ち点6のアルゼンチン。2位の順位決定方法はここまでのイエローカードの差による「フェアプレーポイント(FPP)」に委ねられるという展開になった。

 ここまでメキシコが7枚のイエローを受けていたのに対し、ポーランドは5枚。このままならFPPの差で勝ち上れるポーランドは、攻撃の手を緩めたように見えた。もちろん、別会場のメキシコがあと1点取るか、ポーランドが失点すればポーランドは敗退。そんな中で見せた“ギャンブル采配”は、くしくも4年前のロシア大会GL第3戦の相手だった日本が取った作戦だった。

 当時はポーランドが1-0でリードしていたにもかかわらず、別会場のスコアを考慮した日本が“攻めない”選択をして物議を醸した。しかし、日本は結果的に決勝T進出決定。今回のポーランドも日本と同じ道をたどった形となった。

 これには日本ファンも反応。ネット上では「4年前を思い起こさせる」「面白い因果」「まさか4年後にポーランドがフェアプレーポイントを気にすることになるとは」「でもポーランドは最後まで戦った」「これも運命」「2大会連続でフェアプレーポイントに関与するポーランド」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集