[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙の11年ぶりV36歳藤田さいき 亡きキャディー、夫にも感謝「どうしても優勝したいと…」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

大王製紙エリエールレディス、優勝を決めてしゃがみ込む藤田さいき【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディス、優勝を決めてしゃがみ込む藤田さいき【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

 22日に37歳となるベテラン・藤田が伸ばし続けた。前半で2つ伸ばすと、13番のバーディーで単独首位。15番でも1つ伸ばし、同じ最終組で回った鈴木とのデッドヒートを繰り広げた。最終18番、外せばプレーオフとなる約1メートルのウィニングパットを決めると、その場でしゃがみ込んで号泣。グリーン脇で見守った横峯さくら、原英莉花らも涙を流し、順番にハグを交わした。

 優勝スピーチでは、大会主催者、コース関係者、ボランティア、ギャラリーに感謝。「11年ぶりなので、何も考えていなくて(笑)。伝えたいことがたくさんありすぎてここでは伝えきれない。とにかく皆さんに支えられてここまで来られた。本当に皆さんに感謝したいです。ありがとうございます」と頭を下げ、感慨深そうに歩みを振り返った。

「10月に今季最終戦までキャディーをしてくださる予定だった方が亡くなって、4月のフジサンケイレディスでもホールインワンを達成して、ここからだと思っていた。彼のためにもどうしても優勝したいと思っていたので嬉しい。ここまでずっと支えてくれた旦那さんに感謝したいと思います。ずっと一緒に戦ってくれる上田桃子選手にも毎回毎回感謝しています。いつも応援してくださっている方も遠くから来てくださって、朝から声をかけてくださって本当に皆様に感謝しています。ありがとうございました」

 10月に金田久美子が11年189日ぶりの優勝。藤田は2011年10月の富士通レディース以来の優勝で、金田に次ぐ史上2番目のブランクとなった。今季は3度の2位を含む6度のトップ10入り。全英女子オープンで自身初の海外メジャーを経験し、メルセデス・ランキングも13位につけるなど好調だった。

 優勝賞金1800万円を上積みし、年間獲得賞金は7759万8586円に。05年のプロデビューから17シーズン目でキャリアハイの金額となった。鈴木は昨年7月以来1年4か月ぶりのツアー通算18勝目には届かず。15アンダーの菊地絵理香が3位。上田桃子、野澤真央、リ・ハナ、岩井明愛が13アンダーの4位で続いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集