[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、師が明かした今季フリー選曲理由「ショウマにはバロック音楽がよく似合う」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)にカナダ・オンタリオ州ミシサガで開幕する。男子シングルに日本勢は昨季世界王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が出場。宇野のコーチを務めるステファン・ランビエール氏はルーマニアのスケート専門メディアの取材に応じ、今季の新プログラムの選曲について言及。ショートプログラム(SP)とフリー曲の決定の経緯を明かした。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

GPシリーズ第2戦・スケートカナダが28日開幕

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)にカナダ・オンタリオ州ミシサガで開幕する。男子シングルに日本勢は昨季世界王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が出場。宇野のコーチを務めるステファン・ランビエール氏はルーマニアのスケート専門メディアの取材に応じ、今季の新プログラムの選曲について言及。ショートプログラム(SP)とフリー曲の決定の経緯を明かした。

 昨季の宇野は2月の北京五輪男子シングルで銅メダルを獲得し、3月の世界選手権(フランス・モンペリエ)ではショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストを叩き出して悲願の金メダルを獲得。日本人では2017年の羽生結弦以来5年ぶり3人目となる世界王者となった。今季はさらにレベルアップを図るべく、新プログラムで臨む。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」は、9月のチャレンジャーズシリーズ・ロンバルデイア杯が行われたイタリア・ベルガモで行ったランビエール氏のインタビュー記事を公開。その中でトーン記者は「ショウマの新プログラムについて、SPの『Gravity』にはすでに多くのファンがいます。どのように選曲したんですか」と問うと、ランビエール氏はこう答えた。

「イースター休暇中、サロメ(ブルナー)と一緒に音楽を聴いていたんです。その中の2曲が気に入りました。そのどちらにするか話し合っていました。そして、ある晩、我々は曲を聞き直して『OK。Gravityでいこう』という感じで決まったんです。次の朝、リンクへ行って音楽をかけ、ショウマがスケートしました……。セッションの最後にサロメは『これだ!』って感じだったんです。私も『もう1曲を試す必要はないね。これだ』と決めました」

 トーン記者が「ショウマには事前に曲を知らせていたんですか?」と尋ねると「知らせていました。2つ候補があると。もしかしたら候補の2つ目は名前すら伝えてなかったかもしれません。その後、我々が2曲目について話すことはなかったですからね」とほぼ“第1印象”で決まったことを明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集