[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過のボクシング王者、意地の1時間-1kgに会場騒然 本人「落とせると思ってた」

ボクシングの東洋太平洋フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチが25日、東京・後楽園ホールで行われる。24日は都内で前日計量が実施され、王者ジーメル・マグラモ(フィリピン)が1度目に51.7キロで0.9キロの体重超過。再計量は1時間強で落とし切り、50.7キロでパスした。挑戦者の同級14位・桑原拓(大橋)はリミット50.8キロで一発クリアした。28歳のマグラモは26勝(21KO)2敗、27歳の桑原は10勝(6KO)1敗。

再計量をパスしたジーメル・マグラモ【写真:浜田洋平】
再計量をパスしたジーメル・マグラモ【写真:浜田洋平】

東洋太平洋フライ級タイトルマッチ

 ボクシングの東洋太平洋フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチが25日、東京・後楽園ホールで行われる。24日は都内で前日計量が実施され、王者ジーメル・マグラモ(フィリピン)が1度目に51.7キロで0.9キロの体重超過。再計量は1時間強で落とし切り、50.7キロでパスした。挑戦者の同級14位・桑原拓(大橋)はリミット50.8キロで一発クリアした。28歳のマグラモは26勝(21KO)2敗、27歳の桑原は10勝(6KO)1敗。

 意地で落とし切った。マグラモは1度目に900gオーバー。2時間の猶予が与えられた。この間は何度でも再計量できる。後楽園ホールの通路で猛然と動き回って汗を出し、わずか1時間ちょっとで会場に戻ってきた。呼吸を整え、まるで卵の上に乗るかのようにそっと計量台へ足を伸ばした。

 絞った体から2時間以内に900グラムを落とすのは難しい。桑原陣営の大橋秀行会長も上限52.8キロの当日計量(25日午後6時)を想定していた。しかし、王者は1時間強で1キロも落とす急ピッチ調整。リミットの0.1キロアンダーが宣告されると、報道陣らは「おぉ!」と騒然とした。一方、もともと余裕があったからなのか、本人は「大丈夫。落とせると思っていた」と笑顔で吹き出る汗を拭った。

一発で計量をパスした桑原拓【写真:浜田洋平】
一発で計量をパスした桑原拓【写真:浜田洋平】

 マグラモの再計量前に取材に応じた桑原は、「2時間で900グラムは厳しいけど、気にしていない」と語っていたが、無事にタイトルマッチが成立。自身は計量からいつも5キロ前後の増量で試合を迎える。雑炊、うどんでリカバリーする予定で「それが楽しみで減量しました」と笑った。

 昨年7月、日本同級王者ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)に10回TKO負け。今年3月に再起戦で勝利を収め、7月に2連勝を飾った。2度目のタイトル挑戦となる。「やることは変わらない。ここ最近は倒すのが早すぎるくらいだった。試合で試したかったことがあるのは本音。いい倒し方、いい勝ち方ができるようにしたい」と勝利を誓った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集