[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村元哉中&高橋大輔、舞台裏で“乱入”されたお茶目な外国人選手に反響「かわえぇ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスのフリーではリズムダンス(RD)5位の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が100.01点を記録。合計169.68点で6位になった。大会中の舞台裏では記念撮影も行っていたが、そこに一人紛れた外国人選手が話題に。「お茶目 好きだなぁ」などと日本のファンからも注目されている。

スケートアメリカ、アイスダンスで合計169.68点で6位になった村元哉中、高橋大輔組【写真:ロイター】
スケートアメリカ、アイスダンスで合計169.68点で6位になった村元哉中、高橋大輔組【写真:ロイター】

村元&高橋はスケートアメリカに出場

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが23日(日本時間24日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、アイスダンスのフリーではリズムダンス(RD)5位の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が100.01点を記録。合計169.68点で6位になった。大会中の舞台裏では記念撮影も行っていたが、そこに一人紛れた外国人選手が話題に。「お茶目 好きだなぁ」などと日本のファンからも注目されている。

 22日(同21日)のRDでは黒を基調にゴールドのデザインも入った衣装で演じた“かなだい”。舞台裏ではポーズも決めて記念撮影もしていたが、なぜか3人で撮った1枚も。紛れ込んだのは米国の女子選手ケイトリン・ホワイエクだった。両手を広げた高橋、村元と同じポーズをとり、指先の形までバッチリ。気合の入った表情をカメラに向けていた。

 実際の写真を公開した海外フィギュアスケート専門メディア「ゴールデン・スケート」公式ツイッターは「ムラモトとタカハシがポージング。ケイトリン・ホワイエクとも」と紹介。海外ファンから「みんなどれだけ可愛いんだ」「ケイトリン(笑)」「3人とも好きだけど?」などとコメントが書き込まれた。

 また日本のファンからも「ケイトリンGJ」「ケイトリン、好き」「ケイトリンったらお茶目 好きだなぁ」「ケイトリン乱入w」「あはは、3人になってる」「かわえぇ」などと反響が集まった。

 村元&高橋はRDでリンク中央ではなく、リンク端のカメラの前から演技を始める斬新な演出でも話題になった。ホワイエクはジャン=リュック・ベイカーとのカップルで2位になっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集