[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と戦うバトラー、指名試合を選ばなかった理由に参謀「競争者にとって自然だ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。バトラーのトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏は、バトラーが指名試合ではなく井上との大一番を選んだ理由について英メディアの公式YouTube内で語っている。

WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥【写真:浜田洋平】
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥【写真:浜田洋平】

バトラーのトレーナーが英メディアに語る

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。バトラーのトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏は、バトラーが指名試合ではなく井上との大一番を選んだ理由について英メディアの公式YouTube内で語っている。

 英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」の公式YouTubeに登場したギャラガー氏。不利を予想する声も多い中、指名試合をこなすことなく井上との4団体統一戦に臨むバトラーについて「サッカー選手がW杯決勝でプレーしたいのと同じように、バトラーは自分自身を試してみたいんだ。それが競争者にとって自然なこと」と語った。

 バトラーは今年4月、WBO王者だったジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に挑戦予定だったが、カシメロの規定違反で試合は中止に。同月に代替開催された暫定王座決定戦で同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ちした。その後、カシメロのWBO王座が剥奪されたことでバトラーが正規王座に昇格したが、バトラーはスルタン戦から他の選手との試合を挟まず井上と戦うことになる。

 階級を超えた現役最強ボクサーを決める格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で、井上は6月に権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の1位に輝いている(現在は2位)。ギャラガー氏は「バトラーはPFP最高の一人に挑戦したいんだよ」とも説明。「人々は彼がプロになりたての選手なんかではなく、2度の世界チャンピオンであることを忘れている」と、バトラーも実績十分であることを強調していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集