[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界戦、なぜか父親同士もフェイスオフ 王者より目立ち米驚き「やりすぎ」

ボクシングの世界ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー(米国)は16日、6月に3-0の判定で破ったジョージ・カンボソスJr.(オーストラリア)とオーストラリア・メルボルンで再戦を迎える。14日には現地で記者会見が行われたが、フェイスオフではまさかの父親同士の睨み合いも勃発。米メディアがこの出来事を伝え、海外ファンからも「父親がリングに上がるべきだな」「品がないな」などと驚きの声が集まっている。

世界ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー【写真:Getty Images】
世界ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー【写真:Getty Images】

ヘイニーVSカンボソスJr.の会見で珍事

 ボクシングの世界ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー(米国)は16日、6月に3-0の判定で破ったジョージ・カンボソスJr.(オーストラリア)とオーストラリア・メルボルンで再戦を迎える。14日には現地で記者会見が行われたが、フェイスオフではまさかの父親同士の睨み合いも勃発。米メディアがこの出来事を伝え、海外ファンからも「父親がリングに上がるべきだな」「品がないな」などと驚きの声が集まっている。

 リングで戦う息子達より目立っている。対面したヘイニーとカンボソスJr.。その手前には、ヘイニーの父でトレーナーのビル・ヘイニー氏と、カンボソスJr.の父でマネジャーのジム・カンボソスも睨み合う。ビル氏はヒートアップした様子で言葉を浴びせているが、ジム氏はコクコクと頷くだけ。息子達も何やら言葉を交わしてはいるが、父親たちに比べると静かなもの。ビル氏は最後は両手を叩いてフェイスオフを締めていた。

 実際の映像を米興行大手・トップランク公式インスタグラムが公開。「今日は、父親同士すらフェイスオフした」と文面で伝えた。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」オーストラリア版は「ワイルドな会見でのカンボソスとヘイニーの衝突は父親同士の戦いで脱線」との見出しで記事を公開した。

 記事では「もしも日曜日のカンボソスJr.とヘイニーの再戦が金曜日の記者会見と同じくらい爆発力があれば、我々は非常に面白い試合が見られる」などと紹介。動画を見たツイッター上の海外ファンからは「父親がリングに上がるべきだな」「黙ってなよ」「なんで親が首突っ込むんだ」「これは父親が戦うのか? それともヘイニー VS カンボ?」「これはやりすぎだ」「品がないな」「恥ずかしいから舞台から降りるべき」などと反響が集まっていた。

 前回はヘイニーが3-0(116-112×2、118-110)の判定勝ちを収め、史上8人目の4団体統一王者となった両者の対戦。前回と同じメルボルンで再び拳を交える。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集