[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

早田ひなにWエースの自覚 伊藤美誠に次ぐ第2戦は「2-0で3番手に渡すのが最大の役割」

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランキング2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。今大会3試合目の登場となった早田ひなは「向かってくる気持ちに対応できた」と闘志を前面に押し出した戦いだったことを強調した。

スロバキア戦でガッツポーズする早田ひな【写真:Getty Images】
スロバキア戦でガッツポーズする早田ひな【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦準々決勝

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランキング2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。今大会3試合目の登場となった早田ひなは「向かってくる気持ちに対応できた」と闘志を前面に押し出した戦いだったことを強調した。

 第1試合で完勝した伊藤美誠からバトンを引き継いだ早田。相手のバラージョバーは今大会すでに6勝を挙げて勢いがあり、序盤からパワードライブに苦しめられた。それでも第1ゲームは6-9と追い込まれながら5連続得点で逆転。そこから1ゲームずつ取り合って迎えた第4ゲームは第2ゲームはしっかり立て直し、11-6で勝ち切った。

 試合後は冷静だった。「初めて対戦する相手。団体戦の勢いだったり、向こうもエースで自信を持って戦ってきた。向かってくる気持ちが強くて、それに自分もしっかり対応できた。最後までてこずる部分あって、点数は結構競ったけど、1本でも多く返す、1本でも変化を出す気持ちが強かった」と試合を振り返った。

 4年前の大会ではGLでの出場しかなく、決勝トーナメントの出場は初めて。だが今回は日本チームでは世界ランキング最上位の5位で、6位の伊藤と「Wエース」として立ち向かう立場だ。「私のポジション的に相手チームのエースと戦うことが多くなってくる。2-0で3番手に渡すのが最大の役割になる」と自覚している。

 相手エースを撃破しての勝利となったが、自己採点を問われると「うーん、55(点)くらい(笑)」と辛めの評価。伸びしろはまだ十分に残されている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集