[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、死球直後に敵を“脅した”ジョーク 解読され米全国紙も絶賛「彼は最高だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。今季最終戦で規定投球回に到達し、規定打席と合わせたダブル規定到達を果たした。前日には右腕に死球を受けて心配されたが、一塁ベースで敵選手と笑顔で声を掛け合っていた姿がファンの間で話題に。米投球分析家はその内容を“解読”していたが、米メディアも「面白い脅し」「楽しそうだ」などと紹介していた。

アスレチック戦の第2打席で右腕に死球を受けた大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチック戦の第2打席で右腕に死球を受けた大谷翔平【写真:ロイター】

投打ダブル規定到達、前日の死球で注目浴びたシーンとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。今季最終戦で規定投球回に到達し、規定打席と合わせたダブル規定到達を果たした。前日には右腕に死球を受けて心配されたが、一塁ベースで敵選手と笑顔で声を掛け合っていた姿がファンの間で話題に。米投球分析家はその内容を“解読”していたが、米メディアも「面白い脅し」「楽しそうだ」などと紹介していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 話題になったのは4日(同5日)のアスレチックス戦。3回の打席で右上腕に死球を受け、大谷はその場にうずくまった。史上初のダブル規定到達をかけた先発登板を翌日に控えているとあり、心配された。それでも一塁に歩いていくと、待っていた一塁手セス・ブラウンに何か声をかけ、いたずらっぽい笑みを浮かべた。ブラウンも何か言葉を返し、肩を抱いた。なんとも心温まるシーンだった。

 ツイッター上では、日本人にも「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が内容を“解析”。映像に字幕をつけた。それによると、大谷は「Tomorrow(明日な)」と言い、ブラウンは「Don’t do that to me(俺にはやめてくれ!)」と返したと分析。大谷が“君にぶつけて、この仕返しをするよ”という意味のジョークを投げかけたとみていた。

 米ファンからも「彼を愛さずにいるなんて不可能だよ」「どんな時も一流だ!」などと反響が集まっていたこの場面。米全国紙「USAトゥデー」のスポーツとエンタメの専門サイト「フォー・ザ・ウィン」も「ショウヘイ・オオタニがアスレチックスの一塁手、セス・ブラウンが死球後に“面白い”脅しを仕掛けた」と見出しを打って報じた。

 記事では「オオタニはブラウンに対して『明日な』と言った。もちろんこれは冗談で、ブラウンも楽しそうだった。「俺に当てるなよ!」って感じで」「あれは面白かった。ショウヘイは最高だ」などと、大谷のやりとりを絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集