[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子Wエース競演でメダル確定 伊藤「凄い楽しんでできた」早田「1本でも多く返そうと」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランキング2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。試合後、早田ひなは「向かってくる気持ちに対応できた」と語った。51年ぶりの金メダルを目指す大会。7日の準決勝・ドイツ戦に勝利すれば銀メダル以上が確定する。

世界卓球、スロバキアに勝利した日本女子【写真:浜田洋平】
世界卓球、スロバキアに勝利した日本女子【写真:浜田洋平】

世界卓球団体戦女子準々決勝

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランキング2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。試合後、早田ひなは「向かってくる気持ちに対応できた」と語った。51年ぶりの金メダルを目指す大会。7日の準決勝・ドイツ戦に勝利すれば銀メダル以上が確定する。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 GL初戦で3-0の快勝を収めた相手との再戦。日本は伊藤美誠、早田ひな、長崎美柚の3人で臨んだ。第1試合に出場した伊藤はラボショバーと対戦。GLでも対戦した相手に第1ゲームは出だしから5連続得点で主導権を握り、11-9で先取。その後は隙を見せず11-1、11-3、とわずか18分で勝利、第3ゲームに至っては4分しかかからなかった。

 第2試合は早田が登場。バラージョバーと対戦した。第1ゲームはパワードライブに手こずるシーンもあり6-9と追い込まれたが、そこから5連続得点で逆転。11-9で先取すると第2ゲームは11-7、第3ゲームは7-11で奪われたが、立て直した第4ゲームは11-6で勝ち切った。

 第3試合、ククルコバー戦に臨んだのは長崎。GLでの対戦ではストレートで破っていたが、第1ゲームはミスが目立って6-11で落とした。第2ゲームは11-5で取り返すと、その後も接戦をものにして、日本を勝利に導いた。

 試合後のテレビインタビューで伊藤は「1試合目に当たった相手でやりずらさを持っていた。私も練習でも少しずつ良くなっている。調子が上がっているので、その成果を出せたらと思っていた。凄い楽しんでできた」と納得の表情。早田は「初めて対戦する相手。団体戦の勢いだったり、向こうもエースで自信を持って戦ってきた。向かってくる気持ちが強くて、それに自分もしっかり対応できた。最後までてこずる部分あって、点数は結構競ったけど、1本でも多く返す、1本でも変化を出す気持ちが強かった」と話した。

 長崎は「相手選手が凄くトリッキーなプレーだったり、凄く感覚が良い選手だった。そういうボールに自分がもう少し対応能力を上げないといけないと思った。でも大事な場面で入れることができたよかった。(今日も幸せだった?)はい、伊藤選手と早田選手と3人で団体戦を組めて幸せ」と笑顔。最後にドイツ戦の抱負を聞かれた伊藤は「ドイツの選手はいろんなオールラウンダーというか、いろんな戦型がいる。凄く楽しい試合になると思う。私自身もチーム自体も向かっていきたい」と意気込んだ。

 3位決定戦がないため、これでメダルが確定。7日に行われる世界ランキング5位・ドイツとの準決勝に勝てば4大会連続での銀メダル以上が確定する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集