[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、凱旋初日は+4の出遅れ 原英莉花と同組「身長の話をしていました」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシックは16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕した。日本人37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)は1バーディー、5ボギーの76で回り、4オーバーと精彩を欠いた。国内凱旋試合で大勢のギャラリーに囲まれてのプレー。「プレッシャーはなく楽しかったです」「自分のプレーができずに悔しかったです」と振り返った。

住友生命東海C、ラウンド中に同組の岩井千怜と会話する馬場咲希【写真:編集部】
住友生命東海C、ラウンド中に同組の岩井千怜と会話する馬場咲希【写真:編集部】

住友生命東海Cが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシックは16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕した。日本人37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)は1バーディー、5ボギーの76で回り、4オーバーと精彩を欠いた。国内凱旋試合で大勢のギャラリーに囲まれてのプレー。「プレッシャーはなく楽しかったです」「自分のプレーができずに悔しかったです」と振り返った。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 馬場の会見の主な一問一答は以下の通り。

――1番から大勢のギャラリーに囲まれてプレー。

「ゴルフをしている時の気持ちは凄く楽しかったです。緊張はあまりしなかったですし、プレッシャーはゼロでした」

――プレー内容については。

「フェアウェーキープできなかったですし、ラフからのショットやパスもミスをして、うまくいかないラウンドでした。パットも悩んでしまっていて、そのまま外してしていました」

――ツアーのセッティングではグリーンが難しいか。

「難しいですけど、自分の計算が合わなかった感じです。あとはアドレスが問題で、フェース、肩の向きが間違っていると思うので、確認したいです」

――後半の15番パー5ではバーディー。

「バーディーがなかったので、『絶対に獲りたい』と思って2オンを狙いました。そこは最終日の最終ホールぐらい嬉しかったです(笑)」

――同組の原英莉花、岩井千怜とどんな話を。

「原さんとは最初、身長の話をしていました。あとは、質問をし合って、自分の好きなことをいろいろ話ました。千怜さんとは、関東ゴルフ連盟のチームで一緒だったので、そのことについて話していました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集