[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス元守護神、新天地で防御率4.04→0.54に激変の理由「正直、違いは存在する」

米大リーグのエンゼルスからブレーブスに今夏トレードで移籍したライセル・イグレシアス投手が、移籍後に大活躍できている理由を語った。米ジョージア州地元紙「アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション」が記事を掲載。「正直に言って違いは存在する」「クラブハウスで一体感もある」などと語っている。

ブレーブスのライセル・イグレシアス【写真:ロイター】
ブレーブスのライセル・イグレシアス【写真:ロイター】

エンゼルス元守護神イグレシアスが古巣を説明

 米大リーグのエンゼルスからブレーブスに今夏トレードで移籍したライセル・イグレシアス投手が、移籍後に大活躍できている理由を語った。米ジョージア州地元紙「アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション」が記事を掲載。「正直に言って違いは存在する」「クラブハウスで一体感もある」などと語っている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

「ブレーブスのリリーフ投手ライセル・イグレシアスにとって、競争者としての投球は違いを生むという」。同紙はこんな見出しで記事を掲載した。キューバ出身右腕が14日(日本時間15日)に語った内容。「正直に言って(両球団の)違いは存在する」と話し、こう続けている。

「競争力のあるチームや勝てるチームに来た。毎晩アドレナリンが出るし、クラブハウスでの一体感もある。このチームには良い雰囲気や化学反応を起こす多くの要因がある」「競争力の乏しいチームにいると、(力を発揮するのが)難しいと思う」「クローザーでも勝てないチームにいると投球が難しい。登板間隔が3日や4日だとリズムを維持することが大変なんだ。試合の感覚を掴みにくい」

 昨季、レッズからエンゼルスに加入。守護神を務め、34セーブを挙げた。今季もトレード期限の8月2日(日本時間3日)まで16セーブなど好投する日はあったものの、6敗で不安定な投球が目立ち、ブレーブスにトレード。移籍後1か月半は中継ぎとして18登板、1セーブ、負けなしの防御率0.54(同16日時点)だった。エンゼルス時代の39登板、防御率4.04から激変している。

 記事では同僚のダンズビー・スワンソンのコメントを紹介。「自身に満ち溢れていて、投げる球に確信を持っている。彼は楽しそうだ。良いリズム、良いペースで投げている。彼はいつも笑っていて、喜びをもたらしてくれるんだ」と新天地でいい状態であることを強調した。

 エンゼルスは今季序盤は首位に立つなど好調だったが、借金21のア・リーグ西地区4位。ナ・リーグ東地区2位で首位メッツをゲーム差1で追うブレーブスとは違いがあるようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集