[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平岡アンディ、2回TKOでデビュー21連勝! 強烈な左炸裂「前回タコ踊りしてしまい…」

ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・平岡アンディ(大橋)が挑戦者アルビン・ラガンベイ(フィリピン)に2回2分27秒TKO勝ちした。日本同級王者でもある平岡は、WBO・AP王座3度目の防衛に成功。戦績は26歳の平岡が21勝(16KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)6敗1分け。観衆は968人。

初回から積極的に攻める平岡アンディ【写真:浜田洋平】
初回から積極的に攻める平岡アンディ【写真:浜田洋平】

WBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチ

 ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・平岡アンディ(大橋)が挑戦者アルビン・ラガンベイ(フィリピン)に2回2分27秒TKO勝ちした。日本同級王者でもある平岡は、WBO・AP王座3度目の防衛に成功。戦績は26歳の平岡が21勝(16KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)6敗1分け。観衆は968人。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 平岡が豪快に決めた。サウスポー同士の対決。初回から積極的に攻め、左を当てた。2回は相打ち気味のパンチを受け、バランスを崩す場面もあった。しかし、強打を当て攻勢を強めると、ロープ際で猛ラッシュ。最後は左をお見舞いし、相手がグロッキーになったところでレフェリーが止めた。

 6月の前戦では赤岩俊(マナベ)に6回TKO勝ちし、日本王座2度目の防衛に成功。しかし、試合中にファンを楽しませようと思って踊りを披露したつもりが、相手への挑発ポーズとして誤解を招いていた。この日のリング上では、前戦を踏まえて、謙虚にこう振り返った。

「まずは試合を実現させてくれた大橋会長、日本まではるばる来てくれたラガンベイ選手、陣営の方々、そして多くのファンの方々、ありがとうございました。前回、タコ踊りをしてしまったので(笑)。自分はふざけたつもりはなかったけど、初めて見た人はそういう印象を与えてしまった。緊張感を与える試合ができてよかったです。

 練習通りできた。満足するっていうと、そこの人(父のジャスティス・コジョ・トレーナー)が怒るので(笑)。2度ラスベガスで試合をしているので、ラスベガスで試合をしたい。そこまでに自分の底上げをしたい」

 ガーナ系米国人の父と日本人の母を持つ平岡は2013年にプロデビュー。身長182センチのサウスポーで、2019年秋に米興行大手・トップランク社とプロモート契約した。同11月にラスベガスの米国デビュー戦で2回KO勝ち、20年秋の米国2戦目でも4回TKO勝ち。近い将来の世界挑戦を目指す中、現在の世界ランクはIBF9位、WBO13位としている。

 強打者のラガンベイは、18年に現在の日本ウェルター級王者・小原佳太(三迫)と対戦。左フックで相打ちとなり、ダブルノックダウンの末に2回KO勝ちし、WBO・APウェルター級王座を手にしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集