[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ミライモンスター松本圭佑、2回TKO勝ちでデビュー6戦連続KO「いずれチャンピオンに」

ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)が石田凌太(角海老宝石)に2回1分43秒TKO勝ちした。戦績は松本が6勝(6KO)、石田が11勝(6KO)4敗。観衆は968人。

ロープ際、左フックで石田の顎を捉え、2回TKO勝ちした松本圭佑【写真:浜田洋平】
ロープ際、左フックで石田の顎を捉え、2回TKO勝ちした松本圭佑【写真:浜田洋平】

フェザー級ノンタイトル8回戦

 ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)が石田凌太(角海老宝石)に2回1分43秒TKO勝ちした。戦績は松本が6勝(6KO)、石田が11勝(6KO)4敗。観衆は968人。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 松本は左フックで仕留めた。前日にはキャリアを積むために長いラウンドを希望していた通り、初回は冷静な入り。ジャブを差し合い、右ストレートを入れた。しかし、決着は2回。やや被弾する場面もあった後、ロープに詰めて左フックを一閃。顎を捉え、レフェリーストップを呼び込んだ。元東洋太平洋フェザー級王者の父・好二トレーナーに労われ、頬を緩めた。

 リングインタビューでは「今回のテーマは慌てず仕留めること。1ラウンドで様子を見てカウンターを出せたので、それはよかったと思う。距離感の把握はできて、丁寧に戦うことを目標にしていた」と淡々。「6戦目で日本ランクも1ケタ。徐々に上げて、今日みたいな勝ち方ができるように頑張って、いずれチャンピオンになれるようにしたい」と目標を語った。

 2020年8月のプロデビューから5試合で初回決着は3度。最長で5回だった。今年6月には、タイ・スーパーバンタム級1位ナクハリン・ハンギュ(タイ)との58.0キロ契約8回戦で1回42秒TKO勝利。デビュー5連勝を飾っていた。現在の日本ランクは9位。阿部麗也(KG大和)が王座を保持している。

 アマチュア時代は、フジテレビの人気番組「ミライ☆モンスター」で注目された23歳。この日はプロ転向後6試合連続KO勝ちを果たし、大きな拍手を浴びた。「ミライを取って、モンスターになれるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集