[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ヤ軍相手に勝ち越し29号! 低めスプリット打ちに米記者仰天「なんて男だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発。同点で迎えた5回に勝ち越しの29号2ランを放った。泳ぎながらもスプリットをとらえ、米記者からは「なんという男だ。信じられない」と驚きの声が上がった。

5回に勝ち越しの29号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
5回に勝ち越しの29号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキース戦に「3番・DH」でスタメン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発。同点で迎えた5回に勝ち越しの29号2ランを放った。泳ぎながらもスプリットをとらえ、米記者からは「なんという男だ。信じられない」と驚きの声が上がった。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 MVP争いのライバルの前で、2戦連続の一発を放った。大谷は2-2で迎えた5回2死一塁の第3打席、追い込まれてから低めに落ちるスプリットを拾った。最後は泳ぎながらもバットに当てた打球は右翼スタンドへ。名門ヤンキース相手に勝ち越し29号2ランを放った。相手先発モンタスからは、キャリア通算4本目の本塁打となった。

 実際の映像を米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。ツイッター上の米記者も続々と反応した。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者は「未来のア・リーグMVP、ショウヘイ・オオタニが2ランを放った」と速報。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニはなんという男だ。信じられない」と驚いた様子だった。

 また米ニューヨーク州地元紙「ニューズデイ」のヤンキース番、エリック・ボーランド記者は「オオタニがモンタスから右中間に29号本塁打。オオタニは、対モンタスは試合前の時点で通算21打数9安打3本塁打だった」と相性の良さを伝えていた。このカードでは今季49本塁打を放っているアーロン・ジャッジ外野手との“MVP候補対決”として注目されている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集