[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ敬遠、エンゼルス本拠地なのに大ブーイング発生 米記者も反応「大規模だ」

米大リーグ・エンゼルスは29日(日本時間30日)に本拠地でヤンキースと対戦。MVP候補の大谷翔平投手が「3番・DH」で、アーロン・ジャッジ外野手が「2番・中堅」でともにスタメン出場するとあって注目されているが、大台50号に王手をかけているジャッジの第2打席でエンゼルスは申告敬遠。その後、客席で生まれた珍しい現象に米記者が注目している。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

エンゼルスはヤンキースと対戦

 米大リーグ・エンゼルスは29日(日本時間30日)に本拠地でヤンキースと対戦。MVP候補の大谷翔平投手が「3番・DH」で、アーロン・ジャッジ外野手が「2番・中堅」でともにスタメン出場するとあって注目されているが、大台50号に王手をかけているジャッジの第2打席でエンゼルスは申告敬遠。その後、客席で生まれた珍しい現象に米記者が注目している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今季既に49本塁打を放っているジャッジ。チームが1-1の同点に追いついた3回2死二塁の場面で第2打席を迎えたが、ここでエンゼルスは申告敬遠を選択。すると、本拠地エンゼルスタジアムからは大きなブーイングが発生した。ヤンキースファンの姿も、スタンドには多く見かけられた。

 これに注目したのは米スポーツ専門局「ESPN」のマーリー・リベラ記者。自身のツイッターで実際の動画を公開し、「アーロン・ジャッジの打席で(エンゼルス監督代行の)フィル・ネビンが申告敬遠。大規模なブーイングが生まれた。ヤンキースはスクイズで1-1の同点に追いついたところだった」と文面に記した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集