[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上5000mでは珍しい白熱レース中の光景が「初めて見た」と話題「よほど暑いのか」

オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンで大会最終日の第10日が行われた。男子5000メートル決勝では珍しいシーンが「初めて見た」「珍しい」とネット上で話題になった。

金メダルを獲得したヤコブ・インゲブリクトセン【写真:ロイター】
金メダルを獲得したヤコブ・インゲブリクトセン【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上で「世界選手権の5000で給水とか初めて見た」

 オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンで大会最終日の第10日が行われた。男子5000メートル決勝では珍しいシーンが「初めて見た」「珍しい」とネット上で話題になった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 最終日に行われた男子5000メートルは暑くて熱いバトルとなった。

 レースはヤコブ・インゲブリクトセン(ノルウェー)が13分9秒24で金メダルを獲得。13分9秒98で銀メダルだったジェイコブ・クロップ(ケニア)、13分10秒20で銅メダルだったオスカー・チェリモ(ウガンダ)のアフリカ勢を抑え、世界王者となった。

 一方で、注目を浴びたのはレース中のある光景だった。

 それは給水だ。マラソンが一般的だが、ホームストレッチに台が置かれ、紙カップで選手たちが水分を補給できる。マラソンより高速で行われる5000メートルで上手に取るのは難しいが、優勝したインゲブリクトセンも含め、しっかりと対応していた。

 真夏に行われ、日中は30度を超えるオレゴン。国際大会でも増えつつある光景だが、日本のネット上では珍しく思ったファンも多かったようで「世界選手権の5000で給水とか初めて見た」「珍しい」「よほど暑いのか」との声も上がっていた。

男子5000メートル決勝で給水シーンが話題に【写真:Getty Images】
男子5000メートル決勝で給水シーンが話題に【写真:Getty Images】

 今大会はレース後などに選手に配られる飲料がSDGsの取り組みから、従来のペットボトルではなく紙パックの水を採用。時代や環境の変化とともに、大会側もさまざまな工夫を凝らし、選手をサポートしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集