[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】100m障害・福部真子、同組の世界新記録に自然と取った行動に反響「敬意に溢れてて素敵」

オレゴン世界陸上が24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで最終日が行われた。女子100メートル障害準決勝1組で福部真子が12秒82(追い風0.9メートル)の日本新記録をマークした。組8着で敗退となったものの、高校時代にインターハイ3連覇を達成し、「天才」と呼ばれた逸材ハードラーが26歳にして世界の大舞台で快挙。一方でレース後には、ある振る舞いがネット上でファンの心を掴んだ。

女子100メートル障害に出場した福部真子【写真:Getty Images】
女子100メートル障害に出場した福部真子【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上、日本新も世界新も飛び出したレースで「良い写真!」

 オレゴン世界陸上が24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで最終日が行われた。女子100メートル障害準決勝1組で福部真子が12秒82(追い風0.9メートル)の日本新記録をマークした。組8着で敗退となったものの、高校時代にインターハイ3連覇を達成し、「天才」と呼ばれた逸材ハードラーが26歳にして世界の大舞台で快挙。一方でレース後には、ある振る舞いがネット上でファンの心を掴んだ。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 リスペクトに溢れていた。1レーンから駆け抜けた福部は上位に離されたものの、12秒82で日本新記録をマーク。一方で、同組のトビ.アムサン(ナイジェリア)が12秒12で世界新記録を樹立した。すると、記録を目の当たりにした福部も自然と笑顔になり、ワールドレコードを喜ぶアムサンにすぐ隣で拍手を送った。

 世界陸連公式ツイッターが紹介した写真で、まさにその場面が写っていった。これに、日本人のファンからは「福部真子選手も世界新記録の誕生を心から喜んでる笑顔が敬意に溢れてて素敵」「隣で福部さんが祝福していて良い写真!!」との声が上がっていた。

 レース後のインタビューでは、日本新記録を涙ながらに喜びを語り、誠実で飾らない性格がにじみ出ていた福部。広島皆実高時代にインターハイ3連覇を達成したが、日体大進学以降は伸び悩んだ「天才」という肩書きに苦しんだ。大学3年まで自己ベストを更新できず、卒業後は環境を変えながら試行錯誤。26歳にして今年6月の日本選手権で初優勝を飾った苦労人として、陸上ファンには知られた存在だった。

 本人は「世界記録のレースを走れたのは一生に一度あるかないかの奇跡のレース。そのレースを走れたことを糧に(日本に)戻っても、リズム感、距離感を大切に。もう(先頭が)見えないくらいだったので、次走った時にどこまで背中が見えるかをずっと想像しながらやっていきたい」と意気込んでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集