[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

異例の“救済1人レース”発端に 転倒→隣のハードル倒した選手が反省「こんなの初めて」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選で転倒した選手が隣のレーンの選手のハードルを倒してしまうハプニングが発生。不利を受けた選手の抗議により、たった1人の救済レースが行われた。引き金となる転倒をしてしまった選手は「全てを犠牲にしてしまった」「こんなことは初めて。本当に残念」と自身のレースを振り返っている。

世界陸上、女子100m障害予選で転倒したリア・アリ【写真:ロイター】
世界陸上、女子100m障害予選で転倒したリア・アリ【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上女子100メートル障害予選、ラスト1台で転倒した米国のリア・アリ

 オレゴン世界陸上が23日(日本時間24日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第9日が行われた。女子100メートル障害予選で転倒した選手が隣のレーンの選手のハードルを倒してしまうハプニングが発生。不利を受けた選手の抗議により、たった1人の救済レースが行われた。引き金となる転倒をしてしまった選手は「全てを犠牲にしてしまった」「こんなことは初めて。本当に残念」と自身のレースを振り返っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 本人も経験のない転倒劇だった。現地時間午前11時20分から行われた女子100メートル障害予選1組で起きた。中盤から抜け出したリオ五輪銀メダリストのリア・アリが9台目でバランスを崩し、続くラスト1台で隣のレーンのハードルも倒してしまった。煽りを受けた6レーンのアンネ・ザグレ(ベルギー)は13秒25の組5着。アリとともに予選敗退となったが、レース後に不公正な競走となったと抗議。大会側がこれを認めたため、6時間後に7組目として再レースの措置が取られた。

 障害レースに転倒はつきものだが、隣のレーンの選手のハードルを倒してしまうのは珍しい。英公共放送局「BBC」、豪ヤフースポーツによると、アリ本人は「テクニックをおざなりにしてしまい、全てを犠牲にしてしまった」と自身のレースを反省した。

「スピードに乗っていたのに、こういうことが起きてしまった」「こんなことは初めて。本当に残念」「いつもならハードルに躓いたり引っかかったりしてもすぐに立て直せる。今回もそれを願ったけど、躓き方があまりに大きかった」などと語り、「これは私の行く道の一部だから、全てのことを受け入れていかないと」と転倒による敗退を受け止めていたという。

 一方、ザグレは救済レースに単独走で出場。場内の大歓声を浴び、準決勝進出を狙ったが、最後の1台で脚をひっかけて大きく減速し、倒れ込みながらゴールになだれ込んだ。本人は呆然とした表情。14秒09で敗退となったが、場内からは労いの大きな拍手が送られていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集