[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“シブコ”名付け親の24歳大出瑞月が首位浮上 初V好機も「イメージ湧かない(笑)」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第2日が1日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。首位には、通算8アンダーで22歳の吉田優利(エプソン)、小野祐夢(ニチコン)、大出瑞月(サーフビバレッジ)の3人が並んだ。吉田はツアー2勝の実力者だが、小野と大出は同じ1997年度生まれの24歳で、プロテスト合格も同期の苦労人。好調を維持してともにツアー初優勝を狙う。

資生堂レディス第2日、通算8アンダーで首位に立った大出瑞月【写真:Getty Images】
資生堂レディス第2日、通算8アンダーで首位に立った大出瑞月【写真:Getty Images】

資生堂レディス第2日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第2日が1日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。首位には、通算8アンダーで22歳の吉田優利(エプソン)、小野祐夢(ニチコン)、大出瑞月(サーフビバレッジ)の3人が並んだ。吉田はツアー2勝の実力者だが、小野と大出は同じ1997年度生まれの24歳で、プロテスト合格も同期の苦労人。好調を維持してともにツアー初優勝を狙う。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 4位から出た小野は、強化中のパットを武器にスコアを伸ばした。4バーディー、1ボギーの69。17番パー4では、10メートルのバーディーパット、18番パー4では6メートルのパーパットを沈め、後半9ホールでも2バーディーを奪った。今季からパッティングコーチの橋本真和氏に師事。頭の中では、コーチから渡された音と光を組み合わせた動画のリズム「ヒューン、ヒューン」を繰り返していたという。

「お陰でリズム良く打てました。長いパットではショートしないように意識していたので、それが良かったです。まぐれでも入れば自信になりますので」

 プロ7年目。これまでシード権を手にしたことはなく、昨季のステップ・アップ・ツアー賞金ランク2位で今季ツアー前半戦の出場権をつかんだ。しかし、出場17試合で予選落ち11試合。暫定リランキング50位と苦戦が続いている中で、首位での決勝進出に驚きは隠せない。

「正直、ビックリです。でも、レギュラーツアーでは伸ばせる時に伸ばさないといけないことは痛感してきました。初めての位置なのですが、優勝を目指していきたいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集