[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復調67の原英莉花 一気に目を覚めさせたのは男2人の歴史的激闘「私は何やってるんだ」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第2日が1日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。39位から出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は、6バーディー、1ボギーの67で通算6アンダーとし、前半組終了時点で暫定6位に浮上した。今季は不本意な成績が続き、落ち込むことも多いと公言していたが、6月19日に東京ドームで開催された那須川天心―武尊戦を見て奮起。クヨクヨするより、スイング改造やトレーニングを継続することでプレーに迷いが消えてきたことを明かした。

資生堂レディス第2日、前半組終了時点で暫定6位に浮上した原英莉花【写真:Getty Images】
資生堂レディス第2日、前半組終了時点で暫定6位に浮上した原英莉花【写真:Getty Images】

資生堂レディス第2日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第2日が1日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。39位から出た原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は、6バーディー、1ボギーの67で通算6アンダーとし、前半組終了時点で暫定6位に浮上した。今季は不本意な成績が続き、落ち込むことも多いと公言していたが、6月19日に東京ドームで開催された那須川天心―武尊戦を見て奮起。クヨクヨするより、スイング改造やトレーニングを継続することでプレーに迷いが消えてきたことを明かした。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 6番パー4。原が17メートルのバーディーパットを決めた。スライスラインを見事に読み切り、今日一番の笑顔を見せた。会見でも、そのシーンをうれしそうに振り返った。

「入ったのはたまたまですけど、自分の読んだラインに打ち出すことができました。迷わず、緩まないで打ち出すことが大事で、日々の確認しながら練習していることができたと思います」

 不本意な成績が続いていたが、今季ベストタイの67。上位争いにも加わり、「いいプレーができたかなと思いました。フェアウェーを外したのは2回だけですし、ピンを狙うショットができていて、危なげなかったです。ようやく練習してきたことが試合に繋がってきました」と自己評価した。

 会見では、気持ちの変化も明かした。きっかけは、6月19日。東京ドームで開催された那須川天心―武尊をペイ・パー・ビュー(PPV)で視聴してからだという。

「東京ドームが埋まるほど熱烈な戦い、みんなが注目していて、それに応える努力が素晴らしいと思いましたし、『私も同じスポーツ選手なんだよな。私は何をやっているんだ』と思いました」

 今季の原は、プレーだけでなく、気持ちの波もあった。取材にも「いい調子の中ですごいミスをして、バンジージャンプのように落ちる感じ」とも話していた。結果が出ずに焦る日々。5月には「結果を早く求めない」と決め、1年がかりでのスイング改造に取り組み始めたが、気分が晴れない状態が続いた。しかし、リングで戦う天心と武尊の姿を見て、一気に目が覚めたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集