[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、Sバンタム級王者と対戦実現なら…米識者は「イノウエが苦しむかも」と予想

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で日本人初の1位に選出された。1階級上のスーパーバンタム級でWBC&WBO王者に君臨するスティーブン・フルトン(米国)は、SNSで井上との対戦を熱望しているが、仮に対戦が実現した場合の試合展開について米国の有名トレーナーは「どちらが勝つか分からない」と語っている。

WBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

フルトンとの対戦が実現した場合の展開を予想

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で日本人初の1位に選出された。1階級上のスーパーバンタム級でWBC&WBO王者に君臨するスティーブン・フルトン(米国)は、SNSで井上との対戦を熱望しているが、仮に対戦が実現した場合の試合展開について米国の有名トレーナーは「どちらが勝つか分からない」と語っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上は7日の3団体統一戦でノニト・ドネアに2回TKO勝ち。夢の4団体統一に前進した。バンタム級の残るベルトはWBO王者ポール・バトラー(英国)が保持。井上は年内の4団体統一戦の実現を希望しているが、4団体統一戦が叶わないのであればスーパーバンタム級に階級を上げることも選択肢にあると明かしている。

 スーパーバンタム級で2団体統一王者となっているフルトンは、井上と対戦を希望する旨をツイッターに記している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が行った読者との恒例の質疑応答企画に、「ブレッドマン」の異名で知られる米国のトレーナー、スティーブン・エドワーズ氏が登場。井上とフルトンについて言及している。

 記事では、フルトンがWBAスーパー&IBF王者のムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)とのスーパーバンタム級4団体統一戦を視野に入れていることにも注目。仮に井上、フルトンがともに4団体統一した状態で対戦となれば、「現役の4団体統一王者同士の対決は、ベルト4本時代で初」だとエドワーズ氏は説明している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集