[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙のドネアが井上尚弥を称賛「とても強く、勝ちに値する選手」 敗戦後に何度もお辞儀

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。WBAは7度目(正規王座を含む)、IBFは5度目の防衛に成功し、自身の持つ日本人の世界戦連勝記録を「18」に更新。日本人に馴染み深いWBCのバンタム級王座を奪い、4団体統一の偉業に王手をかけた。戦績は29歳の井上が23勝、39歳のドネアが42勝7敗。

井上尚弥に敗れたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥に敗れたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。WBAは7度目(正規王座を含む)、IBFは5度目の防衛に成功し、自身の持つ日本人の世界戦連勝記録を「18」に更新。日本人に馴染み深いWBCのバンタム級王座を奪い、4団体統一の偉業に王手をかけた。戦績は29歳の井上が23勝、39歳のドネアが42勝7敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上に敗れたドネアはリング上で、抱擁を交わし、井上と健闘を称え合った。退場する際にはリングインと同様、何度もお辞儀を繰り返してファンに感謝を示した。その目には涙が浮かんでいた。試合後は会見なし。テープで傷などを治療するが、病院に行くほどのダメージではないという。「彼はとても強く、勝ちに値する選手でした。おめでとうと伝えたい」と陣営を通じてコメントを発表した。

 一方、井上は「ドネアの左フック、開始早々もらって緊張感がついた。そのおかげで、しっかりとピリついて試合を立て直すことできた」と語り、その上で「ドネアがいたからこそ、バンタム級で輝けた。WBSS決勝から今日まで、ドネアがまたWBCで返り咲き、2人でリングに上がったことがこの感動を呼んだ。ドネアに本当に感謝したい」とWBSS決勝で敗れてから再起し、再び拳を交えた39歳のレジェンドに感謝と敬意を述べた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集