[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イニエスタ級の大物も? 過去Jリーグにやってきたスーパースター5選

“浪速の黒ヒョウ”、ブラジルの“闘将”も

〇パトリック・エムボマ(カメルーン)

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 フランス・パリサンジェルマンなどで活躍後、1997年にG大阪入り。“浪速の黒ヒョウ”の異名を取り得点王に輝く。98年途中から再び欧州に活躍の場を移した。その後、再来日し、東京、神戸でプレーした。カメルーン代表としては2度W杯に出場。2000年のシドニー五輪の金メダル獲得にも貢献している。

〇ゲーリー・リネカー(イングランド)

 イングランド代表として2度W杯に出場。86年メキシコ大会では得点王に輝いた。イングランドやスペインでリーグ得点王を3度獲得。Jリーグが開幕した1993年に、名古屋に移籍したが、2シーズンでリーグ戦通算18試合4得点と期待ほどの活躍はできなかった。

〇ドゥンガ(ブラジル)

 W杯に3度出場。主将を務め1994年の米国大会での優勝に貢献した。1995年から4シーズン、磐田でプレー。“闘将”としてチームをけん引し、97年にはJリーグMVPに輝いた。

 ここに挙げた選手以外にも、実績をもって日本の地を踏んだ大物は枚挙にいとまがない。だがピークを明らかに過ぎた選手は少なくなかった。

 世界屈指の力を保ったままJ入りを選んだイニエスタ。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。今から楽しみでならない。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集