[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷同僚、米屈指の遊撃手の“神反応キャッチ”に称賛の声 「彼にとってはお手の物」

大谷同僚、米屈指の遊撃手の“神反応キャッチ”に称賛の声 「彼にとってはお手の物」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で先発。9回に起死回生の同点2点タイムリーを放ち逆転劇に貢献。大谷の活躍と同時に、脚光を浴びているのがアンドレルトン・シモンズ遊撃手だ。米屈指の名手は中前に抜けそうな当たりを驚異的な反応と、跳躍力でキャッチ。このシーンをMLB公式インスタグラムが公開すると、ファンから「球界の遊撃手で最高の守備力」などと称賛を浴びている。

攻守の両面でエンゼルスを支えるシモンズ【写真:Getty Images】
攻守の両面でエンゼルスを支えるシモンズ【写真:Getty Images】

エンゼルスのシモンズが抜ければ長打のライナーを“神反応”で好捕

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で先発。9回に起死回生の同点2点タイムリーを放ち逆転劇に貢献。大谷の活躍と同時に、脚光を浴びているのがアンドレルトン・シモンズ遊撃手だ。米屈指の名手は中前に抜けそうな当たりを驚異的な反応と、跳躍力でキャッチ。このシーンをMLB公式インスタグラムが公開すると、ファンから「球界の遊撃手で最高の守備力」などと称賛を浴びている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさに美技だ。シモンズが華麗に大仕事をやってのけた。エンゼルスが2点を追う7回2死、打席にはドナルドソン。2球目を打った打球は遊撃やや右寄りへの強烈なライナーだった。

 中前へ抜けそうな打球だったが、そこは球界屈指の遊撃手シモンズだ。即座に反応。ここしかないというタイミングで、ダイビングキャッチを試み直接グラブに収めてみせたのだ。抜けていれば左中間を破られ、長打になっていたことは確実だが、シモンズは何事もなかったかのようにクールにダグアウトに戻っていった。

 このシーンをMLB公式インスタグラムは「どうやってシモンズはこのプレーをやってのけたんだ?」と記して公開。ファンからは「なんてキャッチだ」「球界の遊撃手では最高の守備力」「キャリアを通じてずっとこういったプレーをしている」「この手のプレーは彼にとってはお手の物」などと、おなじみの好守に喝采が送られている。

 シモンズは打者としても、9回大谷の同点打の直後、1死二、三塁から中前へ決勝の2点適時打も放った。攻守に存在感を発揮し、この日の主役になった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー