[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あれがなかったら、おじいちゃんは…」 首位小祝さくらが明かした副賞「重機」の今

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算6勝の24歳・小祝さくら(ニトリ)は6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダーで菊地絵理香、鈴木愛、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。そろそろほしい昨年8月以来9か月ぶりの優勝。「あれがなかったらおじいちゃんは……」と昨年ゲットした副賞に感謝した。

ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた小祝さくら【写真:Getty Images】
ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた小祝さくら【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算6勝の24歳・小祝さくら(ニトリ)は6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダーで菊地絵理香、鈴木愛、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。そろそろほしい昨年8月以来9か月ぶりの優勝。「あれがなかったらおじいちゃんは……」と昨年ゲットした副賞に感謝した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 半年ぶりの首位発進だ。1番、小祝は残り130ヤードから2メートルにつけてバーディー発進。9番で7メートル、13番で6メートルのバーディーパットを沈めた。3、4メートルの距離を入れ続け、終わってみれば6バーディー。今季悩まされたパットが冴えた。

「珍しくパットが入ってくれた。今日、スコアを出せた理由。あまりピンチはなくて、ショットも凄くよかったです。グリーンのスピードにギャップがあるので、イメージを変えてプレーしないといけない。こんなに打っていいのか、と思うくらい。ハイスコア合戦になっているので、自分もしっかり伸ばさないといけないと思っていました」

 昨年前半は順調に勝利を重ね、賞金レースでは稲見萌寧と女王争いを繰り広げた。しかし、最後の優勝は8月のCATレディース。「ショットが去年より全然いい。それなのにパットがなかなか。アプローチとか小技がなかなかうまくいかない。その辺をどうにかしないといけないと思ってここまできました」。スイング、コーチも変更。今大会前はパッティングコーチのもとに出向き、好調時の動画を見ながら修正したことで復調に繋がった。

「いろいろと見てもらって修正しました。自分でもなんでだろうと思っていたところがいろいろとわかったので、スッキリしました。そんなふうになっていたんだって。今の打ち方を見てもらって、変えてもらった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集